Yvonne

雲の峰北緯三十五度の海

野鶲(のびたき) / 汗

2018/07/11 Wed

    のびたきの止まりし風のうす緑

         (のびたきのとまりしかぜの うすみどり)


    のびたきの掴まりて草揺るがざる

         (のびたきのつかまりて くさゆるがざる)


    老二人ほどよき汗をかやと山 /むく

         (おいふたりほどよきあせを かやと山)



 明神山(鉄砲木の頭)のかやと (2018.7.10) 山中湖:山梨県)


 ガンコちゃんと標高1,291メートルの明神山を目指してカヤトを登る。
 と言っても、山中湖自体が海抜約千メートルなので、登山と言うよりはハイキングの気分である。
 しかし、ガンコちゃんは病あと、私も一応は闘病中なので、今日登ることに多少は決心を要した。

 明神山は山中湖村と神奈川県足柄上郡山北町の境を成す。
 「鉄砲木の頭」という変わった別名がある。
 「鉄砲木」は「鉄砲水」が転化したという話で、「鉄砲水のてっぺん」という意味になるらしい。
 そのむかし、この山から発した鉄砲水が山中湖に流れ込んだ、ということであろうか。

 かやとのあちこちから、ノビタキ、セッカ、ホオジロ(かホオアカ)、ウグイスなどの声が聞こえてくる。
 雨が降れば本当に鉄砲水になりそうな登山道はけっこう勾配がきつく、途中で何度も小休止。
 振り返ると湖に映った雲が白く光っている。
 富士山は雲の中。
 遥か彼方の正面にあるはずの南アルプスも見えない。



 明神山山頂の標識 (2018.7.10) 山中湖:山梨県)


 山頂に辿り着いた。
 去年、二人で越前岳という愛鷹連山の山に登った時は途中の展望台までで引き返した。
 山頂と名が付くところに二人で登ったのは4~5年ぶりか。
 丹沢山塊の大山(阿夫利山)に登って以来かと思う。
 植物のことも、野鳥のことも、山登りのことも、私よりガンコちゃんのほうが詳しい。



 明神山山頂からの眺望 (2018.7.10) 山中湖:山梨県)


 山頂は平らで、一面赤い砂礫だった。
 山中諏訪神社の奥宮が建っている。
 鉄砲水が起きないようにという願いも込めて建立されたものであろうか。

 花は咲いていなかったが、葉のとても大きなアザミがあった。
 フジアザミだとすれば、植えられたものか。



 ノビタキ (2018.7.10) 山中湖:山梨県)


 下りはらくちん♪
 滑って尻もちをついたほど。

 今日は野鳥撮影用の重たい望遠レンズを持ってこなかったので、ガンコちゃんのコンデジを借りて撮ったノビタキ。
 次はぜひホバリング・シーンを撮りたいものだ。

 
 (2018年7月11日 山中湖にて)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

出水(でみず)

2018/07/10 Tue

    犠牲者の日に日に増ゆる梅雨出水

         (ぎせいしゃのひにひにふゆる つゆでみず)


    大出水雨の止みても広がれり

         (おおでみず あめやみてもひろがれり)


    助け合ふ他は手のなし大出水

         (たすけあうほかはてのなし おおでみず)


    文明の世にも限界大出水

         (ぶんめいのよにもげんかい おおでみず)


    大出水ご近所といふ助け合ひ /むく

         (おおでみず ごきんじょというたすけあい)



 蛍袋(ほたるぶくろ) (2018.7.9) 山中湖:山梨県)


 これほど大変な災害になると思っていた人はほとんどいなかったことでしょう。
 被災された方々へお見舞い申し上げ、犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 (2018年7月11日 山中湖にて)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

驟雨(しゅうう)

2018/07/09 Mon

    ガスパチョの話の途中驟雨来る /むく

         (がすぱちょのはなしのとちゅう しゅううくる)



 花の都公園のポピー園 (2018.7.9) 山中湖:山梨県)


 約十日ぶりに花の都公園の貸し農園へ。
 花菱草一色だった菜園に隣る花畑は、ポピーが満開を迎えていた。

 すっかり実が入ってしまった莢豌豆を摘む。
 間引き菜を除くとこれが初収穫。
 豆ご飯にしたいところだが、朝はパン、昼は讃岐うどん、夜はお粥と決めているので、豆ご飯が入り込む余地はない。

 ズッキーニが逞しい葉を茂らせている貸し農園のある区画で、ご夫婦がじゃがいもを収穫していた。
 (マイガーデンのじゃがいもはまだまだ。)
 ズッキーニはガスパチョに合う、と個人的には思っている。

 蒸し暑い…と思いながら草むしりに汗を流していると雲行きが怪しくなり、とうとう降り出してきた。
 ちょうど草むしりが終わったところだったので、鍬や鎌を洗って農具小屋に戻して寓居に帰る。
 昼は公園内の店でこの地方の名物である「ほうとう」を食べようということにしていたのだが、またの機会に。

 節制の甲斐あって、身長マイナス100の理想体重まであと4kgに近づいた♪
 本当は身長マイナス105以下が理想だと思っているので、それにはまだまだだが。
 ともあれ、時間は要したが、最高時の体重から8kgは減量出来た。

 食べたいものも食べずに頑張っているという感じは全くしていない。
 あれだけ好きだった酒を断ち、その代わりに食べ出した餡子物も止め、今はそれにも慣れて欲しいとも思わない。
 ダイエット豆かんが食べられれば幸せ。(殊勝だなぁ。)

 この夏は、無理をし過ぎない程度に、ガンコちゃんと低山登りに汗を流したいと思っている。

 
 (2018年7月9日 山中湖にて)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

避暑 / 夏星座

2018/07/08 Sun

    まず鳥の糞を拭き取る避暑はじめ

         (まずとりのふんをふきとる ひしょはじめ)


    夏星座めまひの癒えたらしき妻 /むく

         (なつせいざ めまいのいえたらしきつま)



 シオカラトンボ(オス) (2018.7.8) 秦野市:神奈川県)


 ガンコちゃんの眩暈(めまい)はだいぶ良くなった。
 耳鼻科の先生の所見では、あと3週間ぐらいすれば症状がなくなるだろうとのこと。



 厳島湿性公園 (2018.7.8) 秦野市:神奈川県)


 今日は山中湖へ。
 途中、秦野市の厳島湿性公園に寄る。
 蓮の花が見られるかと思ったが、花が咲いていないスイレンしかなかった。
 カワセミもヨシキリもおらず。



 厳島湿性公園 (2018.7.8) 秦野市:神奈川県)


 渋滞していた昼の鎌倉も、午後の御殿場も車外の温度は32℃ほどで、暑い一日だった。
 御殿場から山中湖へ向かうと気温はどんどん低下。
 午後4時前に山中湖に着いたが、気温は23℃。
 昨夜から今日にかけての最高気温は25℃、最低気温は16℃。
 念のために扇風機を持ってきたが、ここでは無用かも知れない。

 夜はよく晴れて、星空が美しい。

 (2018年7月8日 山中湖にて)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

海鞘(ほや)

2018/07/07 Sat

    自転車の鐘高らかに海鞘売る子 /むく

         (じてんしゃのかねたからかに ほやうるこ)



 ノウゼンカズラ (2018.7.6) 横須賀市:神奈川県)


 氷箱の重さでバランスを失って、砂利道で転んだことなどを思い出す。
 女手ひとつで三人の子育てに頑張る母の背中を見ていたからだろう。
 中学生でも働くことは当たり前としか思っていなかった。

 (2018年7月7日 横須賀にて)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

笹飾り

2018/07/06 Fri

    笹飾りどの字も同じ保母さんの /むく

         (ささかざり どのじもおなじほぼさんの)



 七夕かざり (2018.7.6) 横須賀市:神奈川県)


 今は「保母さん」とは言わないことはお断りしておかなくてはならないだろう。
 懐旧の句と思っていただければ幸いである。

 七夕は五節供(五節句)の一つであり、お盆を迎える前の準備的な意味を持つ大切な祭祀であった。
 お盆(盂蘭盆)と同様、七夕(星祭)が秋の季語になっているのはそのためだ。
 太陽暦が公式に採用されたために季節が合わなくなってしまった旧暦行事の、代表的な例である。
 月遅れで行われることで知られる仙台の七夕祭でさえ、まだ立秋前というご時世になった。

 玄関先に七夕飾りがあるお宅の前を通った。
 (写真はいつも行く銀行の中で撮らせていただいたもの。)
 見ると書道教室の看板が出ていた。
 さすが…と感心。
 それに刺激されたこともあって、硯洗いの真似事に句を墨書した。
 悪筆なので紹介はしないでおく。
 硯洗いも無論秋の季語である。

 今夜は新暦の七夕の宵だが、各地で梅雨荒れや梅雨出水が心配されている。
 どちら様も十分お気をつけくださいますよう。
 
 (2018年7月6日 横須賀にて)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

青芝(あおしば)

2018/07/06 Fri

    芝生青金網越しに基地の子ら /むく

         (しばふあお かなあみごしにきちのこら)



 ヴェルニー公園 (2018.7.2) 横須賀市:神奈川県)


    噴水の今なら越せる高さなり /瀬下るか

 * * * "Dear John" * * *

 米海軍基地がある横須賀。
 基地の正式な名称はU.S. Fleet Activities Yokosuka(横須賀米国海軍施設)。
 地元の人はベース(Base)と呼び、米軍関係者も横須賀ベース(Yokosuka Base)と呼ぶ。
 ベース(base)は恒久的に設置された本格的な基地のことで、それより小規模な施設にはキャンプ(camp)などの呼称が用いられている。
 因みに、御殿場にある米軍海兵隊基地はCamp Fuji(キャンプ富士)と呼ばれている。
 が、呼称や規模に関係なく、基地でありbaseである。

 真夏に話をするのも変だが、クリスマスが近づくと帰省する米兵が多く、横須賀の街がガランとする。
 彼らにとってクリスマスがいかに大切なものであるか、改めてよく理解できる光景だ。

 2010年に公開された映画『親愛なる君へ』は観ていない。
 原作の小説"Dear John"(著者:ニコラス・スパークス)は読んだ。
 小説の日本語の題名は『きみを想う夜空に』であるらしい。
 米特殊部隊の兵士ジョンと女子大生サヴァナをめぐる恋愛小説だ。

 映画は日本では不人気だったようだが、アメリカでは大ヒットした。
 映画のストーリーは原作と少し違うようだ。
 原作の小説は面白かった。

 "Dear John"とは、「ごめんなさい…」と書き出す別れの手紙の冒頭を意味する隠語だが、Johnは遠く離れているがゆえに失恋の憂き目を見る兵士を意味している。
 横須賀の街で、どこか寂しそうな若い米軍兵士を見かけるとふと思い出して、心の中で"Dear John"と呟いてしまうことがある。


 (2018年7月5日 横須賀にて)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

蜜豆 / 夕涼み

2018/07/04 Wed

    蜜豆や星空へ漕ぐ笹の舟

         (みつまめや ほしぞらへこぐささのふね)


    夕涼み沖船に灯の点るまで /むく

         (ゆうすずみ おきぶねにひのともるまで)



 ダイヤモンドプリンセス? (2018.7.3 横須賀市:神奈川県)


 運動の散歩も夕べの鐘が鳴って日射しがやさしくなってから。
 沖の客船は灯が入らないまま鼻を回ってしまった。



 海岸通 (2018.7.3 横須賀市:神奈川県)


 低い雲が多くて、夕焼もイマイチ。
 夜明けの街のような写真。



 マツヨイグサ (2018.7.3 横須賀市:神奈川県)


 足元の明るいうちに帰ろう。

 (2018年7月4日 横須賀にて)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

星涼し / ブルーベリー

2018/07/03 Tue

    星涼し磴暗ければ手を引いて

         (ほしすずし とうくらければてをひいて)



 花むくげ (2018.7.1 横須賀市:神奈川県)


 四、五年前のことだったろうか。
 まだ毎夜の酒が楽しみだった頃だ。
 ある日、行きつけの居酒屋の常連から、近くにフクロウがいる山があるという話を聞いた。
 その居酒屋ではカウンターの客同士(小あがりもあったが)でゴルフの話題になることが多く、私もよくゴルフ談義に加わった。
 それが鳥の話題に即反応したのだから、ゴルフクラブを望遠一眼レフに持ち替えるようになってからのことに違いない。
 
 話は変わるが、当時通っていた職場に逗子の桜山に住む青年がいた。
 その青年から、家の窓からフクロウの声が聞こえるという話を聞いたことがあった。
 意外と身近なところにいるものだな、と思ったことを覚えている。

 また別のある時、散歩の足を伸ばした浦賀の高台の団地の公園で、トーテンポールを見かけた。
 トーテンポールの天辺にはフクロウが彫られていた。
 子供たちが作ったトーテンポールか、フクロウの少し稚拙な造りが面白かった。
 勝手な印象だが、日本には居ない白頭ワシなどではないところに、かえって夢を感じた。
 近くにフクロウが居ることを暗示して建てられたトーテンポールのようにも思えた。

 話を行きつけの居酒屋に戻す。
 「フクロウがいるのはどの辺ですか?」と常連に訊ねた。
 「近くだけど、正確な場所は教えないことになっている。」
 野生生物の保護という観点からはもっともなことだと思い、それ以上の詮索はしなかった。

 現在の谷戸の家に移り住んで一年半余り(以前にもすぐ近くに四、五年住んだことがあるが)。
 我が家の窓の外にもフクロウの声が聞こえる。
 春、夏、秋を通じて「ゴロスケホーホー」と鳴いている。
 夜は窓も雨戸も閉めるので、冬はまだ鳴き声を聞いたことがないが、一年じゅう棲んでいるのではないかと思う。

 昨夜はガンコちゃんと一緒に外に出て、声がする方角を確かめた。
 人は近づかない崖の上の森である。



 ヘルシー豆かん (2018.7.3 横須賀市:神奈川県)


 昨日鎌倉で買ってきた赤えんどうを炊いて、早速豆かんを作った。
 健康のため、赤えんどうは10粒ほどと寂しい。
 黒蜜も少しに抑え、ゼロカロリーシロップと併用。
 蜜豆の豆はやっぱり赤えんどうに限ると再認識した。
 寒天より赤えんどうが多いガンコちゃんの豆かんが羨ましい。



    フロリダのジョン来てブルーベリー摘む

         (ふろりだのじょんきて ぶるーべりーつむ)


    ジョン帰るワイン仕込んでフロリダへ /むく

         (じょんかえる わいんしこんでふろりだへ)


 俳句歳時記にブルーベリーはない。
 ミシガン州でジャムを作ったのは夏。
 ふと思い出して。
 ワインの句は旧詠。


 (2018年7月3日 横須賀にて)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

炎天下

2018/07/02 Mon

    赤ゑんどう尋ねて歩く炎天下 /むく

         (あかえんどうたずねてあるく えんてんか)



 小町通 (2018.7.2 鎌倉市:神奈川県)


 ガンコちゃんと、バスと電車で鎌倉へ。
 走っているバスの車窓の景色を横向きで見ていると酔うようだ。
 電車の駅の階段などは腕を貸しながら。

 


 小町通 (2018.7.2 鎌倉市:神奈川県)


 小町通も七夕色に。
 浴衣姿のきれいなお嬢さん二人を、カメラマンが一生懸命撮っていた。
 モデルさんだろうか。
 「ミス小町通」かもしれない。



 江ノ電鎌倉駅 (2018.7.2 鎌倉市:神奈川県)


 長谷(はせ)の店の支店だと思って訪ねた小町通の「豆屋」は全く別の商店で、土産物の豆菓子専門店だった。
 江ノ電に乗って長谷まで行くことにする。



 長谷の豆屋「石渡源三郎商店」(ヤマゲン) (2018.7.2 鎌倉市:神奈川県)


 お目当ての豆屋は「石渡源三郎商店」(ヤマゲン)という老舗。
 (三軒ほど隣に豆菓子などの土産物を売っている豆屋本店もあって、紛らわしい。)
 代替りして久しく、店内もどことなくモダンにもなったが、雰囲気は概ね昔と変わらない。
 取扱品目の中心は「ひじき、若布、豆」という、いまどき珍しい硬派ぶりがお気に入りの乾物屋である。
 丹波の黒大豆(黒豆)、くらかけ豆(青大豆)、大納言(小豆)などを買いに、何度か来たことがある。



 赤えんどう(と青えんどう) (2018.7.2 鎌倉市:神奈川県)


 赤えんどう、やっぱりあった。
 バスと電車を乗り継いで、汗をぬぐいながらやって来た甲斐があった。
 ガンコちゃんと二人の交通費を計算すると、とてつもなく高価な豆になったが、手に入ったので大満足

 赤えんどうの産地は北海道だが、生産量がだいぶ少なくなっているという。
 赤えんどうの需要拡大のために、蜜豆や豆かんをどんどん食べましょう!


 (2018年7月2日 横須賀にて)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR