灯籠や今も引揚桟橋と むく

磯桜(いそざくら)

2017/04/07 Fri

    風吹かば海へ吹くべし磯桜

         (かぜふかばうみへふくべし いそざくら)


    磯ざくら約束のその鯛めしを /むく

         (いそざくら やくそくのそのたいめしを)


 元の句「約束の鯛釜飯を磯桜」を推敲。(2017.4.8)








磯桜 (2017.4.6 走水水源地:神奈川県横須賀市)


 花の下で弁当を遣うなら、赤飯、鯛の塩焼き、みそ漬けと決めていますが、実現したことはなし。

 鴨居漁港に鯛釜飯が美味しいと評判の店があると聞いてからは、それも願望の一つに。
 早く行きたい義母にブレーキをかけながら?、待ちに待ったこの日。
 水源地の桜も見ごろに。

 ここの桜を見ると必ず思い出す句があります。

    ちるさくら海あをければ海へちる /高屋窓秋

 美しさを超して凄ささえ感じる、余人の追随を許さない一句。
 昭和8年の作とされるので先の戦争とは無関係に詠まれた句ですが、「海へちるさくら」は、その後の作者に、戦場に散った多くの同胞への鎮魂の思いを蘇らせることも、しばしばあったのではないだろうか。

 さて、花を見た後は、もちろん鯛釜飯も美味しくいただきました。
 足を伸ばせる掘り炬燵カウンター席を譲ってくださった皆さん、ありがとうございました。
 お店の名は「鴨鶴」。
 お奨めです。



鯛釜飯 (2017.4.6 鴨居漁港「鴨鶴」:神奈川県横須賀市)



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR