富士初雪落葉松の大金屏風

頬白(ほおじろ)

2017/03/22 Wed

    頬白に倣ひてまろき背を伸ばす /むく

         (ほおじろにならいて まろきせをのばす)



 ホオジロ(オス) (2017.02.14 静岡県御殿場市)


 餌の乏しい季節、枯れススキの残り種子を食べているらしいホオジロ。
 ススキの小さな種子は、あらかた、とっくに飛び散ってしまったと思うんですが…。
 なんだか、愛おしさがこみ上げてくる光景でした。

 ホオジロは春の季語ですが留鳥で、通年見ることが出来る身近な野鳥の一つ。



 ホオジロ(オス) (2017.02.14 静岡県御殿場市)



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR