旅は秋パンとチーズと地のワイン

梅白し

2017/01/21 Sat

    ワンマンの単線電車梅白し /むく

         (わんまんのたんせんでんしゃ うめしろし)


 御殿場線は、東海道本線の国府津駅と沼津駅間の全長約60キロメ-トルの区間を結ぶローカル線です。
 その2両編成のワンマン運行電車に乗ると、随所で間近に迫る富士山の景色を堪能することができます。
 …と言っても、私はまだ全線の約半分の区間である国府津―御殿場間しか乗ったことがありませんが。

 電車の運行頻度は1時間に1、2本程度ですが、一日に数本、「特急あさぎり」が東京の新宿駅と静岡県の沼津駅間を直通で走っており、旅行者になかなか人気があるようです。
 御殿場駅からは、箱根、富士山、山中湖、河口湖方面などの観光地へのバスの接続があります。

 ところで、今では在来線の支線に過ぎない御殿場線は、かつて「日本の大動脈東海道本線」の正規の路線でした。
 世界初の高速鉄道として東海道新幹線が開通したのは、先の東京オリンピックが開催された1964年。
 この新幹線の登場によって、明治の昔に「汽笛一声新橋を…」(鉄道唱歌)から始まった東海道本線は、日本の東西を結ぶ大動脈としての主役の座を降りることになりました。
 御殿場線が東海道本線の正規路線の一部だったのは、それよりも更に30年ほど前までのことになります。

 「鉄道唱歌」は長い長い歌で、歌詞が全部で3百何十番まであるそうですが、その東海道線の部分を順番に追ってゆくと、中にこんな歌詞があります。
 
 12
 国府津(こうづ)おるれば馬車ありて 酒匂(さかわ)小田原とおからず
 箱根八里の山道も あれ見よ雲の間より
 13
 いでてはくぐるトンネルの 前後は山北(やまきた)小山(おやま)駅
 今もわすれぬ鉄橋の 下ゆく水のおもしろさ
 14
 はるかにみえし富士の嶺は はや我そばに来りたり
 雪の冠(かんむり)雲の帯 いつもけだかき姿にて
 15
 ここぞ御殿場夏ならば われも登山をこころみん
 高さは一万数千尺 十三州もただ一目

 今の御殿場線が東海道本線の正規路線だったことを窺わせる歌詞です。
 12の歌詞からは、国府津駅を降りると酒匂・小田原方面(箱根方面)への接続馬車があったことが窺えます。
 つまり、国府津から小田原・箱根方面へは鉄道ではなく馬車(鉄道馬車?)で行くしかなかったことになります。

 東海道本線が現在のルートに変わったのは1934(昭和9)年、丹奈トンネルの開通によってです。
 丹奈トンネルは、御殿場線のルートには長い急勾配区間があるため、これを解消して鉄道輸送能力を高めるために建設されたのです。

 以来、幾星霜。
 新幹線や幹線高速道の開通を始めとする鉄道や道路の路線網の変化が、地域にいかに大きな影響を及ぼすものであるかに、改めて思いが巡ります。
 御殿場線の歴史も、その変遷ぶりを語る代表的な例の一つのように思われます。
 静かで豊かな自然環境を求めて御殿場に足を運ぶ私は、丹奈トンネルや新丹奈トンネルに感謝しなければならないのかも知れません。

 ともあれ、御殿場線で国府津を発った電車が次に止まるのは下曽我駅。
 辺りには今、有名な曽我梅林の梅がどんどん見ごろに近づいています。

 御殿場線の電車は、駅に着いてもドアが開いてくれません。
 乗降ボタンを自分で押す仕掛けになっています。
 しかも、多くの駅では二両中の一両からしか乗り降りできません。

 二両編成の割には駅のホームが長すぎるほど長く、電車が停止してから乗り降り出来る車両まで、その長いホームを慌てて走って移動する人も多く見かけます。
 無人駅では切符を運転士に渡して下車します。
 料金の精算も運転士に払って行います。
 JR東日本のICカードでは直接精算ができません。
 ご利用の際は予め下車駅までの切符を買い求めて清算の必要がないようにするか、必要な場合は小銭を用意しておくなどして、電車の発車時刻を遅らせたりしないように、十分にお気を付けください。



 エナガ (2017.01.18 静岡県御殿場市)



 ルリビタキ (2017.01.18 静岡県御殿場市)



 カワラヒワ (2017.01.18 静岡県御殿場市)



 オオバン (2017.01.18 静岡県御殿場市)



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR