BGM: Across The View


茱萸沢のここより棚田雪解富士 むく

寒林(かんりん) / 氷点下(ひょうてんか)

2017/01/18 Wed

    寒林に汝も淋しきや瑠璃鶲

         (かんりんになもさびしきや るりびたき)


    寒林に猟犬の声止みにけり

         (かんりんにりょうけんのこえ やみにけり)


    内か外か迷ふ干し物氷点下 /むく

         (うちかそとかまようほしもの ひょうてんか)





 ルリビタキ (2017.01.16 静岡県御殿場市)


 名前の通り羽の色が青く、バーダーに人気の高いルリビタキ(瑠璃鶲)。
 もっとも羽色が青いのは雄で、雌は体全体が茶色がかった目立たない色をしています。
 ルリビタキも、他のヒタキ(鶲)類同様に、見かけるのはいつも一羽。
 近くにもう一羽いることもありますが、群でいることはありません。
 …と、これは冬の話で、繁殖期に高山に行って見れば、様子が少し違うかもしれません。

 ルリビタキは「6~8月に針葉樹林の地表に枯葉や苔などでお椀状の巣を作って繁殖」するそうで、歳時記で夏鳥とされているのは、その繁殖期からの視点でしょうか。
 一般的に低地で見かけるのは冬場で、おおかたの人には冬鳥としての親しみのほうが強いことでしょう。
 私もまだ、夏のルリビタキは見たことがありません。

 幼鳥の頃は雌と区別が付かないほど地味な雄の羽が美しい青色になるまで、2年または3年を要すると言われます。

    寒林に来て美しき羽根拾ふ /塚本鳥城



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR