灯籠や今も引揚桟橋と むく

冬青空

2017/01/08 Sun

    冬青空月を射貫いて往く一機 /むく

         (ふゆあおぞら つきをいぬいてゆくいっき)



 冬晴れ (2017.01.06 東山:静岡県御殿場市)


 1月6日(続き)

 マイ絶景ポイントからの富士山。
 暮れの頃はもっと下まで雪がありましたが、陽気が良かった正月の間にだいぶ解けたようです。
 道志連山、箱根連山の雪も、今は見えません。

 探鳥散歩は今朝も望遠レンズが結露。
 うーん、難敵だ。
 なんとか効果的な防止策を考えなくては。
 寒の入りを実感。

 下の写真は、レンズの結露が収まった午後に、庭で撮ったアトリ(花鶏)です。

 


 アトリ (2017.01.06 東山:静岡県御殿場市)


 逞しい嘴(くちばし)ですね。


 アトリ (2017.01.06 東山:静岡県御殿場市)


 ヨイショッ!
 こういうところには虫が潜んでいる…のかな。

 アトリはユーラシア大陸北部、つまりシベリア方面で繁殖して、日本には冬場にかけて渡ってきます。
 時には何千、何万羽の大群になることもあるようです。
 寓居の庭にやってくるのは、せいぜい20羽ぐらいの小さな生活集団。
 地面に下りて餌を探していることも。
 その下にはモグラの地下大帝国もあるようなので、餌もそれなりにあるのでしょう



 カワラヒワ (2017.01.06 東山:静岡県御殿場市)


 健気なポーズ。


 カワラヒワ (2017.01.06 東山:静岡県御殿場市)


 逞しい顔。


カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR