BGM: Contigo en la Distancia - Chris Botti (Trumpet)


湖を描いてゐる花合歓の下 むく

冬三日月

2017/01/07 Sat

    明星添ふ冬の三日月見よと言ふ /むく

         (みょうじょうそうふゆのみかずき みよという)


 今年は簡単に済ませた横須賀での正月二日の集い。
 家に戻ると西の夕空に三日月と金星が並んでいました。
 大好きな眺め。
 いつもそんなことを言うのは私のほうなのに、この日は何をぼんやりしていたか、教えてくれたのはガンコちゃん。
 「今日は月と金星、明日は月と火星が並ぶんだよ」と。
 夜、その明星と月が並んでいる写真を、母上のお宅から撮れたようです。

 仕事に追われていたので、あとで見せてもらった写真もうろ覚えでしたが、御殿場に来て冬の星空を眺めながら、ふと思い出しました。

 明星は金星。
 「暁(あけ)の明星」、「宵の明星」ともに同じです。
 三日月と明星のランデブー、一番ロマンチックに見えるのは春の宵…かな。



 探鳥散歩の径 (2017.01.06 静岡県御殿場市)


 探鳥散歩はこんな景色の径を。
 朝は茶畑にも霜が。
 この茶畑の畝には霜除けの籾殻が撒かれています。



 探鳥散歩の径 (2017.01.06 静岡県御殿場市)


 更に、こんな景色の径を登って行きます。
 寓居からマイ富士山絶景ポイントまでの距離は、寄り道をせずまっ直ぐに登れば片道3km弱。
 高低差は約100m。
 いい運動です。
 夏よりは冬が楽です。
 雪が降ったら登れないかと思いますが。



 ジョウビタキ (2017.01.06 静岡県御殿場市)


 今日はジョウビタキ(尉鶲)によく会いました。
 縄張り意識が強いジョウビタキは、鏡に映った自分の姿にも攻撃しようとするほど、他の同類の鳥を排斥するんだそうです。
 だからいつも独り。
 悲しそうな声で鳴いたり人間と親しくなったりするのは、淋しいからかな?



 ジョウビタキ (2017.01.06 静岡県御殿場市)


 午後の庭に来たジョウビタキ。
 上の写真とは別の固体です。
 どちらも雄。



 シジュウカラ (2017.01.06 静岡県御殿場市)


 何か餌を見つけて咥えたシジュウカラ(四十雀)。
 よくこうして白い小さなものを咥えるんですが、何でしょうね。
 冬は大好物の青虫もいなくて、シジュウカラも餌探しが大変だな。



 シジュウカラ (2017.01.06 静岡県御殿場市)


 庭の富士桜の木に。


 カワラヒワ (2017.01.06 静岡県御殿場市)


 カワラヒワ(河原鶸)も庭に。


 新年の縁起物でもある「ゆずり葉」 (2017.01.06 静岡県御殿場市)


 フィールドノート 2017年1月6日(金) 場所:静岡県御殿場市H山

 ◆天候: 快晴(気温[℃]:平均1.3 最高7.2 最低-3.4)
 ◆今日見た嬉しい野鳥: メジロ(目白)、ヤマガラ(山雀)、シジュウカラ(四十雀)、エナガ(柄長)、ツグミ(鶫)、アトリ(花鶏)、ホオジロ(頬白)、カワラヒワ(河原鶸)、ジョウビタキ(尉鶲)
 ◆特記: 昨日より2℃ほど冷え込む。600mm望遠レンズが今日も結露。結露するまで2時間ぐらい。
 ◆万歩計: 10,342歩



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR