BGM: Send in The Clowns - Arve Tellefsen (Violin)


切り札を最後に使ひ花吹雪 むく

けらつつき(啄木鳥)

2016/12/24 Sat

    師の昼はおむすび一個けらつつき /むく

         (しのひるはおむすびいっこ けらつつき)


 鎌倉に近い横浜の自然郷での吟行会に先生のお供をした日。
 途中、乗換駅の先生お奨めのデパ地下の食品売り場で弁当を買ってゆくことに。
 さすが、お奨めだけのことはあって、広い店内に信じられないほどの種類の弁当が並んでいました。
 こんなにたくさんの弁当、しかもデパ地下で、いったいどういう人が買うんだろう…などと思ったものです。

 その数ある弁当の中から、先生がお買いになったのはおむすび一個。
 華やかに並ぶ売場の隅にある小さなおむすび屋。
 先生はいつも、そこでおむすびをお買いになるらしい。
 デパ地下まで行っておむすびを、しかも一個だけお買いになる先生の姿が、とても尊く感じられました。

 そのお姿を後ろから眺めながら、ふと有名なイギリスの詩人ワーズワース(William Wordsworth)の、"Plain living and high thinking"という言葉(詩の題名)を思い出しました。
 これは、三十代後半から私が座右の銘にしてきた言葉で、日本語訳はいろいろあるようですが、その意味するところを、私は「簡素な生活と高邁な思索」だと思っています。
 「質素」ではなく「簡素」、「高遠」ではなく「高邁」と。

 ややもすると奇をてらったり頽廃的であることがもてはやされる風潮もある文芸の世界の中で、先生は天性の健全な精神の持主。
 今では古典的とも言える譬えで解りにくいかもしれませんが、いわば、ランボーやボードレールではなく、こよなく自然を愛したワーズワースのような。
 
 せっかくの高邁な座右の銘にもかかわらず、不肖の私が買ったのはちょっと贅沢目の「ちらし寿司弁当」でした。
 お恥ずかしい限りです。

 ベランダで一服しながら撮った写真シリーズ、今日はまずコゲラ(小啄木鳥)から。



 コゲラ (2016.12.16 静岡県御殿場市)


 コゲラは一番小さな啄木鳥(きつつき)ですが、嘴で木を突いて、中から餌となる虫を追い出したり巣穴を彫ったりする「ドラミング」のテンポは、体の大きなアオゲラ(靑啄木鳥)やアカゲラ(赤啄木鳥)より遥かに速い。
 啄木鳥の中では一番速いのでは、と思います。



 コゲラ (2016.2.5 神奈川県横須賀市)


 これは今年2月に横須賀で撮ったコゲラ。
 頭に赤い毛が見えるのは雄の印。
 でも、この赤い印はたまにしか見えません。
 普段は頭の毛の中に隠れているようです。
 見えるのは姿勢がちょうど条件に嵌った時。
 風が吹いたとか何かに興奮したとかといった時でしょうか。



 アトリ (2016.12.16 静岡県御殿場市)


 アトリ(花鶏)が寓居の庭にも降り立つとは思いませんでした。
 御殿場の寓居を他人には「鳥見小屋です」と言ってきましたが、居ながらにして本当にこんなにいろいろな野鳥を見られるとは。

 キジ、アオゲラ、キビタキ、オオルリ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、エナガ、ホオジロ、クロツグミ、ジョウビタキ、コゲラ、アトリ、カワラヒワ、モズ、カワセミ…この半年余りに家の中から見えた野鳥、庭に出て観た野鳥は、確認できただけでもこんなにたくさん。
 想像もしませんでした。
 でも歩かないと運動にならないので、わざわざ遠くまで歩いて野鳥を探しに出かけます。

 庭に餌台を置きたいところですが、居たり居なかったりではかえって野鳥が可愛そうなので置かないことに。
 古くなったりして傷んだ餌をそのまま交換しないでおくのは絶対に止めましょう。
 鳥の病気予防のために。



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

師弟

コゲラ来ておむすび一個師弟の縁  つとむ

自然を愛したワーズワースのような・・尊敬できる師匠のひざ元で勉強できることは最高の幸せですね。頑張って下さい。

Re: 師弟

走れ!でんどう三輪車さま

> コゲラ来ておむすび一個師弟の縁  つとむ

返句をありがとうございます。

> 自然を愛したワーズワースのような・・尊敬できる師匠のひざ元で勉強できることは最高の幸せですね。頑張って下さい。
エール、かたじけなく。
今日は横須賀の吟行会ですが、残念ながら仕事です。
「仕事を大事にしなさい」も、いつも師の言われる言葉。
吟行会には出られなくても、今日も一句。
コメントありがとうございます。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR