BGM: Send in The Clowns - Arve Tellefsen (Violin)


切り札を最後に使ひ花吹雪 むく

庵の冬(いおのふゆ)

2016/12/21 Wed

    手にカメラ鳥を窺ふ庵の冬 /むく

         (てにかめら とりをうかがういおのふゆ)



 エナガ (2016.12.16 静岡県御殿場市)


 これもベランダで一服しながら撮った写真です。

 エナガ(柄長)は雀よりも小さな鳥。
 小さいことでは、日本にいる野鳥の中ではキクイタダキについで2番目だそうです。
 体は小さいのにとても長い尾が目を惹きます。
 尾が
柄長杓子(えながびゃくし)の柄のように長いというので柄長の名が付いたのだとか。
 お腹や背中のふさふさした白い毛に、うっすらとピンク色が注しているのも愛くるしく。
 首が短いのでとても丸っこく見える、とにかく可愛い鳥です。
 エナガは樹上でもまずじっとしていない鳥で、ポーズをとってくれません。

 シジュウカラ(四十雀)などと一緒に、桜などの落葉樹にやってくることが多いようです。
 好物はアブラムシとか。
 毎日のように、いや、一日のうちにも何度か、同じコースを巡回しているような気がします。

 シジュウカラがやって来ると、「エナガも来るかな」と期待してしまいます。
 やって来たのがヤマガラ(山雀)だと、「なんだ、ヤマガラか」とガッカリしたり。
 (ヤマガラくん、ごめん。)

 エナガも留鳥ですが、歳時記では夏の季語になっています。
 繁殖期を中心にしてそう分類されたのでしょうか。
 私がこれまで見かけた(浅い経験ですが)のは秋と冬で、秋になってエナガを見ると、「あぁ、秋だなぁ」と思ったことも。
 夏は葉が繫っていて見えにくいせいかな…。



 エナガ (2016.12.17 静岡県御殿場市)


 一番上の写真を撮った翌日は御殿場から横須賀に戻ることに。
 東名高速道に乗る前に富士山を撮って行こうと、少し寄り道をして眺望の良いところに駐車。
 富士山を撮っていると、近くの木の梢にまたエナガの影が。
 逆光で、シルエットだけ。



 師走富士 (2016.12.17 東山:静岡県御殿場市)



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR