灯籠や今も引揚桟橋と むく

冬の月

2016/12/17 Sat

    冬の月淋しいなどと言はれては /むく

         (ふゆのつき さびしいなどといわれては)



 冬の月 (2016.12.16 東山:静岡県御殿場市)


 写真は昨日の朝の富士山。
 6時半頃に家を出て、隣のゴルフ場上の絶景ポイントから。
 外気温は0度。
 前夜は雪が降ったらしく、車のウィンドシールドには結氷した雪がうっすら。
 寒波到来とは言え、やはり三浦半島よりはだいぶ寒いですね。

 これからの冬の間も御殿場に来れるようにと、一昨日はイエローハットに行ってスタッドレスタイヤに履き替え。
 ホイールとセットで。
 横須賀では不要な装備ですが。

 昨日はリモコンと反応しなくなったエアコンを修理してもらい、本体のプリント基盤カードを交換。
 出費のかさむ2日間でした。

 昨夜思い直して、今日は先に帰るはずだったガンコちゃんと一緒に横須賀に戻ることに。
 観たいと思っていた雪の富士山や庭に来る野鳥たちを観て、ストレスも発散できたので。
 それに…。



 窓の冬 (2016.12.16 東山:静岡県御殿場市)

- I will lift up mine eyes unto the hills, from whence cometh my help.
My help cometh from the Lord, which made heaven and earth. -
Plasm 121

われ岳(がく)の嶺(ね)を仰ぐ。
われに力を与え給う神を宿せる岳の嶺を。
われに力を与え給うは造化(ぞうけ)の神なり。
万物をお造りになられた神の深く妙なる御心(みこころ)なり。
(大いに意訳)



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

No title

こんにちは~
月と笠雲 そして真っ白な富士山
とても贅沢なお写真です♪
俳句を読みながらうっとりと眺めております

Re: No title

Photo caféさま

> 月と笠雲 そして真っ白な富士山
> とても贅沢なお写真です♪
ありがとうございます。
写真の出来はともかく、近くで眺められるので日記的になるべくマメに撮っておこうと思います。
仕事が終ったらまた年末にでも。
コメントありがとうございました。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR