BGM: Seashore Silence (by The Green Sun)


スプリンクラー見てをり虹の架かるかと むく

南京櫨紅葉(なんきんはぜもみじ)

2016/11/07 Mon

    紅葉かつ南京櫨の実のま白 /むく

         (もみじかつ なんきんはぜのみのましろ)



 ナンキンハゼの花と青い実 (2016.11.04 神奈川県横須賀市)


 横須賀の我が家近くにあるナンキンハゼ(南京櫨;南京黄櫨)の並木。
 夏は柳のようにやわらかい枝が川風に揺れ、桂(かつら)のようにまあるくてやさしそうな葉がさやさやと涼しげにそよぎます。
 見ると青い実が生っていました。
 そして、その青い実と一緒に、本来は夏に咲くはずの穂花が葉先から垂れ下がっています。
 実はまだ黒くならないのかな…と、一本一本見上げて歩きました。



 ナンキンハゼの紅葉と白い種子 (2016.11.04 神奈川県横須賀市)


 黒い実は見つかりませんでしたが、いちばん日当りの良い場所に立っている木が紅葉し始めていました。
 見上げると白い「種」がたくさん。
 そう、白いのは実ではなく、じつは黒くなった実の殻の中から現れた種なんです。
 鳥が種だけ残して黒い実を食べたのかな?



 ナンキンハゼの白い種子 (2016.11.04 神奈川県横須賀市)


 黒い実を見ると、殻に三本の筋が入っているのが分かります。
 種は、その筋の通りにきれいに3つづつ並んで現れます。
 その種も、やがて食べ物が乏しくなると、ムクドリなどに啄まれます。
 蝋すなわちワックスですから、人間が食べたらたちまち下痢するそうですが。

 俳句は種を実ととぼけて詠みました。
 葉がすっかり落ちて、枯れ枝に白い種だけが実のように残っている木を見かけたら、ナンキンハゼかな?と思ってみてください。

 ナンキンハゼは中国から入ってきた木で、古くは、櫨(はぜ)の木と同様に蠟燭(ろうそく)などにする蝋を採ったそうです。
 実用が乏しくなった今は、公園などの植栽として植えられるとか。
 ナンキンハゼの紅葉の色調は濃い赤です。
 寒さがつのるにつれ、紅葉し、実が黒くなり、そして葉が落ちて白い種だけに…と、これからどんどん変化していくのでしょう。

 とある苑にナンキンハゼの大きな木があります。
 その白い「種子」を啄んでいる鳥を、去年は上手く撮れませんでしたが、今年こそ…。

 追記: 実が割れて白い種子が覗いている、別の場所で前日に撮った写真を2枚、下に追加します。(2016.11.9)





 黒くなって割れたナンキンハゼの実と白い種子 (2016.11.03 神奈川県横須賀市)



カネやモノでなく、子供たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR