灯籠や今も引揚桟橋と むく

桐一葉(きりひとは) / 秋 / 蚯蚓鳴く(みみずなく)

2016/11/04 Fri

    桐一葉憲法守れとこの道を

         (きりひとは けんぽうまもれとこのみちを)


 気合を入れた今日の句会でしたが、提出した5句(前記事)は風人子選はおろか、50人余の互選でも全く採っていただけませんでした(意気消沈)。
 悔しいですが、気合の空回り…と思うことに致しましょう。

 俳句は余韻…改めて読み直すと、どの句も余韻がないことに気付かされます。
 手を入れ過ぎたかな。
 「おのがじし所領定まり冬の鵙」の原句の下五を「鵙閑か」と、その場でわざわざ直して提出したことも。
 (さっき、元に戻しましたが)。

 去年の今ごろ、プラカードや風船を持って練り歩いた道を、肩を落として家路に。(ガックシ)
 宿題を抱えて明日からまた出直しです。

    さみしけれ風のある日の秋薔薇は /風人子

 「さみしかり」でも「さびしけれ」でもなく。



    師と頼む人を求めし秋ととせ

         (しとたのむひとをもとめし あきととせ)


 巡り合えた果報。


    蚯蚓鳴きおりしは昔文士坂 /むく

         (みみずなきおりしはむかし ぶんしざか)


 今日のことには関係ありませんが、ふと。

 明日から御殿場へ。



 秋薔薇 (2016.11.3 よこすか菖蒲園:神奈川県横須賀市)



カネやモノでなく、子供たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR