BGM: Send in The Clowns - Arve Tellefsen (Violin)


切り札を最後に使ひ花吹雪 むく

『四季の巡りに』(高田風人子句集)

2016/10/26 Wed


 高田風人子句集『四季の巡りに』 2016年10月刊行(ふらんす堂


 昨日手許に届いた風人子先生の句集。
 平成12年から同25年までの間の句が収められています。
 10句ほど抄出します。

    鬼百合の物申したき反りやうや

    露草におどけし顏のなかりけり

    落葉踏む音の好きな日嫌ひな日

    虫の夜の胸に手を置きねまりけり

    あらと見てゐるうちにふえ春の雪

    万緑に雨意あり我に憂ひあり

    目つむれば笑ひてくれし墓拝む

    雨に濃き十一月の赤のまま

    うつりをる天日白し蓮枯るる

    破蓮や枯れゆくものに音のなく


 感慨は山ほどありますが、またおいおいと。
 11月4日、横須賀で行われるお祝いを兼ねた句会を心待ちにしています。



    この庵の朴の花咲くその頃に /むく

         (このいおのほおのはなさく そのころに)



カネやモノでなく、子供たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR