曼珠沙華だよと母の遠い耳へ むく

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風禍(たいふうか)

2016/09/03 Sat


 赤まんま (2013.09.02 野辺山高原:長野県北佐久郡)



    情報の時に届かず台風禍 /むく

         (じょうほうのときにとどかず たいふうか)


 このところ台風が各地に被害をもたらしています。
 地震はもっと怖いですが、どれだけ用心しても、地震は食い止めることができません。
 もちろん、地震に対する用心はしておくべきでしょうが、最近、地震にばかり目が行って洪水に対する警戒心が薄れているのではないか、という気がします。

 システムが発達して、災害に関する情報も豊富になりました。
 けれども、最後に自分の身を守ってくれるのはシステムではなく、自分自身でしかありません。
 自分が大丈夫なら、高齢者や子供など、周囲の弱者に気を配りたいものです。
 それで災害を防げるという訳ではありませんが、大事なことだなと思う昨今です。

 国家予算をかけかたにも疑問を感じます。
 華々しいことばかりに予算を費やさず、もっと災害対策を講じるべきではないか、と。
 山紫水明の国は地震大国であると同時に、台風大国でもあります。

 鹿児島県の三反園(みたぞの)知事が九州電力に川内原発の稼働停止を求めました。
 熊本地震を目の当りにしたら、当然のことでしょう。
 三反園知事や、知事を動かした鹿児島の人々に拍手を送りたいと思います。
 九州電力に限らず、そもそも「共益」(Utility)という公共性の高い事業を営む電力会社が、住民に「止めてください」と言われないと止めない、そんな体質でいいんでしょうか?



「違憲安保法廃止」、「原発ゼロの日本」を求める超党派の市民運動を応援します。(渡邊むく)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。