BGM: Contigo en la Distancia - Chris Botti (Trumpet)


湖を描いてゐる花合歓の下 むく

秀句鑑賞 冬・新年の季語: 四日

2016/02/05 Fri

February 5 2016

銭湯のボイラー唸る四日かな  瀬島銀造

(せんとうのぼいらーうなる よっかかな)



 大晦日の銭湯には普段より遅くまで営業しているところも少なくなかった。昭和の話である。三元日の間も朝湯などをやってくれるお風呂屋さんは、本当に働き者だと感心したものだ。
 その銭湯は、内風呂の普及に相俟って廃業するところが相次ぎ、今では数がめっきり少なくなってしまった。と言っても、無くなった訳ではない。新興住宅地で新たに開業するようなことはまずないかもしれないが、古い町ほど今も頑張っている銭湯が多い。掲句の銭湯、三日までは朝湯だけの営業だったのだろうか。平常営業の四日のボイラーが景気よく唸っている。
 大量の湯を沸かす銭湯の燃料も時代とともに変わってきた。かつて、銭湯の裏手にはボイラーの燃料にする廃材が山と積んであったものだが、薪ボイラーは重油焚きやガス焚きのボイラーに変り、最近ではハイブリッド・ボイラーも使われるようになった。
 ボイラーの唸りを聞きながら、作者は、そうした銭湯の今昔や燃料事情の変化に思いを馳せているのである。

(渡邊むく)


 【月刊「俳句界」2015年5月号掲載句】

菜の花
菜の花 (散歩道:神奈川県横須賀市 2016.1.31)



「違憲安保法廃止」、「原発ゼロの日本」を求める超党派の市民運動を応援します。(渡邊むく)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR