富士初雪落葉松の大金屏風

「雛」掲載句(2015年~2016年)

2016/01/30 Sat

   掲載句・掲載記事




(2016年12月号)



 雑詠(風人子選)

         来し方の思ひ出の縷々曼殊沙華

          (こしかたのおもいでのるる まんじゅしゃげ)


         葛の花こぼるる小谷戸水早し

          (くずのはなこぼるるこやと みずはやし)


         妻に名を訊ねてばかり草の花

          (つまになをたずねてばかり くさのはな)


 10月23日横須賀吟行会(風人子選)


         一輪の茶の花留守を守る母へ

          (いちりんのちゃのはな るすをもるははへ)


         野のものの常かな油点草こぶり

          (ののもののつねかな ゆてんそうこぶり)



(2016年11月号)



 雑詠(風人子選)

         銀輪に親しみ街へ夕立あと

          (ぎんりんにしたしみまちへ ゆだちあと)


         オムレツを返すは苦手避暑の朝

          (おむれつをかえすはにがて ひしょのあさ)


 9月25日横須賀吟行会(風人子選)

         曼殊沙華思ひは徐々に昔へと

          (まんじゅしゃげ おもいはじょじょにむかしへと)


         久々の朋みな笑顔小鳥来る

          (ひさびさのともみなえがお ことりくる)




(2016年9月号)



 雑詠(風人子選)

         金蘭花溶岩の樹海の木漏れ日に

          (きんらんか らばのじゅかいのこもれびに)


         茱萸沢のここより棚田雪解富士

          (ぐみさわのここよりたなだ ゆきげふじ)


         茱萸摘みて先の戦の話など

          (ぐみつみて さきのいくさのはなしなど)




(2016年8月号)



 雑詠(風人子選)

         山笑ふ噴煙のやや鎮まりて

          (やまわらう ふんえんのややしずまりて)


         往来を雉悠然と渡りけり

          (おうらいを きじゆうぜんとわたりけり)




(2016年5月号)



 雑詠(風人子選)

         雪だなやくらんこむくりして遊ぼ

          (ゆきだなや くらんこむくりしてあそぼ)


         胼薬捨てようとして母のこと

          (ひびぐすり すてようとしてははのこと)


         同郷の女将嬉しや凍大根

          (どうきょうのおかみうれしや しみだいこ)


         凍つる夜の回つてゐない観覧車

          (いつるよの まわっていないかんらんしゃ)




(2016年4月号)



 雑詠(風人子選)

         引いてから山雀の来る初御籤

          (ひいてからやまがらのくる はつみくじ)


         海に日の薄き一日かいつぶり

          (うみにひのうすきいちにち かいつぶり)


 2月11日東京吟行会(風人子先生後選)

         ひと回り雀小さくなつて春

          (ひとまわりすずめちいさくなって はる)


         二ン月の原爆ドームに行くと言ふ

          (にんがつの げんばくどーむにゆくという)




(2016年2月号)



 12月27日横須賀吟行会(風人子選)

         メンバーズカード流行りや街師走

          (めんばーずかーどばやりや まちしわす)




(2016年1月号)



 雑詠(風人子選)

         母も外へ出でて見上ぐる鷹柱

          (ははもとへいでてみあぐる たかばしら)


         落城の悲話に十月桜かな

          (らくじょうのひわに じゅうがつざくらかな)




(2015年12月号)



 雑詠(風人子選)

         嫌はれて自由の風に悪茄子

          (きわわれてじゆうのかぜに わるなすび)


         草の名を訊ね訊ねてホ句の秋

          (くさのなをたずねたずねて ほくのあき)


 10月25日横須賀吟行会(風人子選)



         また一羽鵯の来る寺庇

          (またいちわひよどりのくる てらびさし)
          ※ 「俳句四季」2015年12月号掲載句


         教会のバザー賑はふ秋一日

          (きょうかいのばざーにぎわう あきひとひ)




(2015年11月号)



 9月27日横須賀吟行会(風人子選)

         桐一葉平和憲法危ふき世

          (きりひとは へいわけんぽうあやうきよ)




(2015年8月号)



 6月28日横須賀吟行会(風人子選)

         灯台の螺旋階段夏の雲

          (とうだいのらせんかいだん なつのくも)


         近ごろの髪のカラフル合歓の花

          (ちかごろのかみのからふる ねむのはな)





                月刊「雛」: 編集・発行人 高田風人子 福神則子
                発行所:   〒155-0033 東京都世田谷区代田6-9-10 雛発行所
                誌代:    月900円(年間10,800円)。

 ※ 「雛」の見本誌をご希望の方は上記発行所にご請求ください。
    (または、当ブログのコメント欄にその旨をお書き込みくだされば取次いたします。)
 ※ 「雛」は、長年高濱虚子、星野立子に師事し、ホトトギス本流の諷詠の道一筋に歩んで来られた高田風人子先生主宰の「惜春」の後継誌です。(「雛」主宰:福神則子先生)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR