BGM: Aqua Harp


茱萸沢のここより棚田雪解富士 むく

木守柿(きもりがき)

2015/12/19 Sat

木守柿
木守柿 (散歩道:神奈川県横須賀市 2015.12.2)



    木守ひとつ残さず柿の捥がれけり /むく

         (きもりひとつのこさず かきのもがれけり)


 私がインターネットを始めたのは2000年で、俳句を始める1年ほど前のこと。
 私より先にガンコちゃんがインターネットを楽しんでいました。
 木守柿(きもりがき)という言葉を知ったのはその頃で、ガンコちゃんに遊び方を教えてもらったインターネット上でのことでした。

 ガンコちゃんの同級生に俳句を嗜む人と結婚された方がおり、その方のホームページを閲覧したところ、そこにご主人の俳句サイトがリンクされていました。
 幾つか読ませていただいた句の中で、木守柿の句が特に印象に残ったのです。

 「木守柿」、何と読むんだろう?
 「きもりがき」、「こもりがき」、「きまもりがき」?
 どれも正解ではあるようです。
 辞書には、「来年もよく実るようにとのまじないで、木の先端に一つ二つ取り残しておく柿の実」のこととありましたが、子供の頃、「カラスに残しておくんだ」と聞いたことも。

 あの柿のことを「木守柿」と言うのか。
 庭柿であれ、農園の柿であれ、何個かは捥(も)がずに残しておくところに、人のやさしさも感じられる木守柿。
 佳い言葉だなぁ…と思ったものでした。
 自分も俳句を作ることになる一つのきっかけになった季語、それが木守柿です。

 近所に柿の木が20本ほど植えられている公園があります。
 今年もたわわに実った実が色づき、カラスのほか、椋鳥(むくどり)や鵯(ひよどり)をも喜ばせるようになりました。
 低い枝の実は人も捥いでゆきました。

 ある日公園に行ってみると、数日前にはあれだけたくさん実っていた柿が、一つ残らずなくなっていました。
 公園を管理していらっしゃる方が捥いだのでしょうね。
 それにしても、20本ほどの木の柿の実を一個も残さずという完璧な仕事ぶりには、ちょっと残念な気も。


アオサギ
アオサギ (散歩道:神奈川県横須賀市 2015.11.29)


アオサギ
アオサギ (散歩道:神奈川県横須賀市 2012.15)


アオサギ
アオサギ (散歩道:神奈川県横須賀市 2015.12.16)



「違憲安保法廃止」、「原発ゼロの日本」を求める超党派の市民運動を応援します。(渡邊むく)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR