灯籠や今も引揚桟橋と むく

秋蝶(あきちょう)

2015/10/09 Fri

アサギマダラ
アサギマダラ (散歩道:神奈川県横須賀市 2015.10.9)



    旅をする秋蝶翅の浅葱色

         (たびをするあきちょう はねのあさぎいろ)

アサギマダラ
アサギマダラ (散歩道:神奈川県横須賀市 2015.10.9)



    海渡る秋蝶翅のほころびて

         (うみわたるあきちょう はねのほころびて)


 写真の蝶"アサギマダラ"(浅葱斑)は、近年、「マーキング調査」という手法によって信じられないような長い旅をすることが分かってきました。
 北は樺太から、南は南西諸島、台湾、更に中国大陸や香港などの間を旅しているのだそうです。
 日本の各地で発生したアサギマダラは、秋になると南西諸島他の暖かい地域に海を越えて渡ってゆくことが明らかになったのです。
 一方、暖かい海外の地で発生したアサギマダラが、春になると日本に渡ってくることも知られるようになりました。
 一日に200km以上飛ぶ能力があるそうですが、もっと長い距離を休まずに飛び続けることもあるに違いありません。

 2000kmにも及ぶような長旅をするのは、羽ばたきだけでは無理かと思われます。
 鷹の渡りと同様に、ジェット気流を利用しているのでしょう。
 蝶の研究者によれば、伊良子岬付近は海を渡るアサギマダラの大集結地になっているようです。
 鷹の渡りと同じですね。
 鷹と違って、海を渡った同じ個体が再び日本に戻ってくることがないのは無論のことです。
 その子孫が戻ってくるということのようです。

 蝶は春の季語で、秋に見る蝶を「秋蝶」、「秋の蝶」と言います。
 その秋の蝶について、手持ちの歳時記ではこう解説しています。
 「八・九月のころは盛んに飛び回っていた蝶も晩秋になるとめっきり数も減り、姿も弱々しく、飛び方にも力がない。」

 この解説は全く正しいと思います。
 しかし、アサギマダラは秋になると海を渡って長途の旅をする蝶なのです。
 「秋の蝶」は総称であり、何事にも例外はあるということが当てはまるように思われます。

 2枚の写真のうちの下の方の写真をご覧いただくと、翅が綻(ほころ)びていることがよく分かります。
 番(つがい)で元気良く飛び回っていましたが、この綻びた翅で海を越えてゆけるのかどうかは不明です。
 いえ、旅には危険が付きもの。
 たとえ完全な翅を持っていたとしても、全てのアサギマダラが無事に海を越えられるとは限りますまい。
 温暖の地を求めてはるかな空を渡ることはアサギマダラの遺伝子に組み込まれた行為で、何ものも阻止することのできないものなのでしょう。

アサギマダラ
アサギマダラ (散歩道:神奈川県横須賀市 2015.10.9)



    外つ国へ浅葱まだらの秋の旅 /むく

         (とつくにへ あさぎまだらのあきのたび)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

No title







旅をする秋蝶翅の浅葱色
海渡る翅のほころび秋の蝶
外つ国へ浅葱斑の秋の旅 /むく

良い句ですね。何時もご訪問有り難うございます、
むくさんに句を拾っていただき・励みになり楽しく俳句を嗜んでいます。有り難うございました。
僕も蝶に思いを寄せてきました。つたない句ですが参考になるか?と今年詠んだ蝶の句をまとめてみました。


ゆるやかに空飛ぶ夢よ揚羽蝶 

残されし日々数えつつ秋の蝶

よれよれの足取り怪し秋の蝶

金色にせめて輝け秋の蝶

雨上がり翅休ませて秋の蝶

重き心背負いて飛ぶや秋の蝶 

黒揚羽黒湯に浸かり笑みこぼれ   

手を広げ翅を広げて黒揚羽   つとむ

これからもよろしくお願いします。

                        

Re: No title

走れ‼でんどう三輪車さま

> 良い句ですね。
ありがとうございます。
御句のご紹介も、ありがとうございます。

> ゆるやかに空飛ぶ夢よ揚羽蝶 
>
> 残されし日々数えつつ秋の蝶
>
> よれよれの足取り怪し秋の蝶
>
> 金色にせめて輝け秋の蝶
>
> 雨上がり翅休ませて秋の蝶
>
> 重き心背負いて飛ぶや秋の蝶 
>
> 黒揚羽黒湯に浸かり笑みこぼれ   
>
> 手を広げ翅を広げて黒揚羽   つとむ

舞う黒揚羽を見ながらゆったりと浸かる温泉、最高の気分でしょうね。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR