灯籠や今も引揚桟橋と むく

身に入む(みにしむ)

2015/10/02 Fri

浦賀水道
浦賀水道 (くりはま花の国:神奈川県横須賀市 2015.10.1)



     原子力空母入港肌寒し

         (げんしりょくくうぼにゅうこう はださむし)


 昨日の10月1日、米海軍原子力空母ロナルドレーガンが横須賀に入港。


     この町も核の標的春寒し

         (このまちもかくのひょうてき はるさむし)


 この「春寒し」の句を詠んだのは2年前の2013年2月12日。
 北朝鮮が3回目の地下核実験に成功し、次は「人工衛星」を打ち上げると発表した日。
 日本を初めとする周辺諸国やアメリカは、これは人工衛星ではなくミサイルの発射予告である可能性が大きいとして、同年4月は日本じゅうに緊張が走りました。
 この句は月刊「俳句界」に投句しましたが、もちろん選外でした。

 2015年9月20日の未明に安保法が成立後、山梨県鳴沢村の富士桜高原別荘村にある別荘でゴルフ静養して東京に戻った阿部首相は、9月25日に記者会見を行い、このように述べました。

 「
我が国を取り巻く安全保障環境は、私たちが望むと望まざるとにかかわらず、厳しさを増しています。
 北朝鮮は日本の大部分を射程に入れる数百発の弾道ミサイルを保有し、そのミサイルに搭載可能な核兵器の開発も深刻の度を深めています。


 残念ながら、私が2年半余り前に案じたことは、この阿部首相の言葉によって裏打ちされる結果になってしまいました。
 誰からも注目されることのなかった私の句は、そのような危機意識を国民が深く共有し、平和外交により真剣に取り組む必要性を強く感じて詠んだものです。
 しかし、国政は迷走を続け、当時私が抱いた危惧は、2年余りが経って、安保法という有事を前提にした米国国防予算協力と軍事力強化の法制化でした。

 米海軍基地の町である横須賀には第7艦隊の司令部があります。
 (厳密には横須賀を母港とする原子力空母内に置かれるということになっていますが。)
 また、横須賀は海上自衛隊を初めとする防衛省の施設、イージス艦他の戦備、陸上自衛隊、防衛大学などが集中する町です。
 国防実行部隊が集中している都市、それが横須賀です。

 はっきりものを言えない阿部首相の心を代弁すると、「北朝鮮が真っ先に核ミサイルの標的にするのは間違いなく横須賀である」ということになるでしょう。
 横須賀市民の多くは、そのことを肌で感じていると思います。
 政治も行政も、どうしてはっきり言ってくれないんでしょう。

 「
横須賀市民は北朝鮮の核ミサイル攻撃に備えて、また原発並みの出力を持つ原子炉を備えた原子力空母の爆撃や事故に備えて、各人がシェルターを確保するようにしてください。
 全市民が放射能防護服を備えるようにしてください。
 防災訓練に、核ミサイル攻撃を視野に入れた戦災訓練も取り入れてください。
 可能な人は、より安全な他の地域に転居することを強く推奨します。


 「…私たちが望むと望まざるとにかかわらず、厳しさを増しています」なんて生ぬるい言い方ではなくて、こういうふうにはっきり言わないと、国民の命を守ることはできないのではないでしょうか、阿部首相殿。

 横須賀は最も危ない町ですが、横浜、東京、その他どこだって相当に危ないんですよー。
 「北朝鮮は日本の大部分を射程に入れる数百発の弾道ミサイルを保有…」ですからね。
 乗れる飛行機があるうちに早く日本を脱出したほうが賢明かもしれません。
 阿部首相の警告が持つメッセージをよくよく理解するならば。



     身に入むや放射線防護服もなし /むく

         (みにしむや ほうしゃせんぼうごふくもなし)


ムクドリ
ムクドリ (散歩道:神奈川県横須賀市 2015.10.1)


ムクドリ
ムクドリ (散歩道:神奈川県横須賀市 2015.10.1)


ムクドリ
ムクドリ (散歩道:神奈川県横須賀市 2015.10.1)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR