BGM: Contigo en la Distancia - Chris Botti (Trumpet)


湖を描いてゐる花合歓の下 むく

曼荼羅華(まんだらげ)

2015/09/30 Wed

エンジェルトランペット
エンジェルトランペット (散歩道:神奈川県横須賀市 2015.9.23)



     曼荼羅華ヒンズー僧の髭長し /むく

         (まんだらげ ひんずーそうのひげながし)


 旧詠(インド)。

 私が俳句を始めたのは2001年の1月。
 始めてすぐにインドに行くことになりました。
 季節感が日本とは全く違う国。
 さて、俳句をどう詠めばいいんだろう?
 と途方に暮れて、当時俳句の手ほどきをお願いしていたYさんに相談しました。

 「ぜんぶ夏の句にしてもいいんじゃない?」
 そうか、そういう手もあるか…と納得して気が楽になったものです。

 私が滞在したのは北インドでしたが、確かに一年中夏のような気候でした。
 インドは北半球に位置しており、最南端でもまだ赤道より北になります。
 しかし、赤道付近よりも北回帰線に近い地方のほうが遥かに暑くなります。
 赤道近くは湿度が高く蒸し暑さはありますが、気温そのものはそれほど高くなく、また年間の寒暖の差も小さいんですね。
 
 長くいるうちにそれなりに季節の変化を感じるようになり、冬の句を作ったこともあります。
 春や秋の句は作った覚えがありません。
 カシミール地方だとかヒマラヤ近辺に行けば春や秋の実感もあったかもしれませんが。

 掲句はヒンズーの修行僧がいる山に登った時に詠んだもので、山頂の風がとても涼しかったことを覚えています。
 曼荼羅華はチョウセンアサガオのことで、エンジェルトランペットとは厳密には少し種類の異なる花のようです。
 でも俳句を詠む上では、あえて区別する必要もないように思います。
 この花を季語(晩夏)としている歳時記にしたがって詠んだものですが、曼荼羅華にしてもエンジェルトランペットにしても、季語としての定着度は低いと言ってよいでしょう。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

季語について

ご訪問、何時も有り難うございます。
季語は難しいですね・・季節のずれと・・時代の変化と・・いつも悩みます。海外での俳句は季節感が違うので大変でしたね。いつも勉強させていただきありがとう。

トランペット

曼荼羅華はチョウセンアサガオなのですね
初めて知りました
今 綺麗に咲いていますね
季語、奥深いですね。

Re: 季語について

走れ‼でんどう三輪車さま

> 季語は難しいですね・・季節のずれと・・時代の変化と・・いつも悩みます。海外での俳句は季節感が違うので大変でしたね。いつも勉強させていただきありがとう。

歳時記は東京の季節感を中心にしている、とも言われますが、自分が今いるところが世界の中心なので、そこに立って詠めばいいかな、と考えるようになりました。
そうすると、季題・季語は制約ではなく、それがあるから自由に四季を謳うことができるもの、と考えることができるような気がします。
四季を謳う俳句は季題・季語を讃美する歌…と、そこまで謙虚になっていきたい、と一応は思っていますが、なかなか(笑。

Re: トランペット

トマトの夢3さま

> 曼荼羅華はチョウセンアサガオなのですね
> 初めて知りました
> 今 綺麗に咲いていますね

先日、エンジェルトランペットをたくさん咲かせている教会の前を通りました。
教会に曼荼羅は似合いませんから、この場合はエンゼルトランペットですね。
俳句には長すぎる名前(笑。

> 季語、奥深いですね。
一年をきっちり4等分できる四季がある国日本ならではですね。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR