灯籠や今も引揚桟橋と むく

秀句鑑賞-秋の季語:萩

2015/09/27 Sun

September 27 2015

なんとなく萩の花にはセレナーデ  いのうえつとむ

(なんとなく はぎのはなにはせれなーで)



 日本的な萩の花に西洋の恋歌セレナーデが合うと言うのにはちょっとビックリした。しかし、そう言われるとそうかもと、なんだか頷きたくなってくるのは、芭蕉の名句「一家(ひとつや)に遊女も寝たり萩と月」を思い出すからか。確かに赤い萩には艶な風情がある。 その赤い萩の花が咲き乱れる庭に立って、その家に住む愛しい人にセレナーデを歌って熱い想いを届ける。 うーむ、なかなか思い描けないが、明治・大正的な和洋折衷の情景のようだ。 そうか、竹久夢二の世界! やってみたくなってきた。(渡邊むく)

 【いのうえつとむさんのブログ
走れ!でんどう三輪車



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

有り難うございました

絶賛されて光栄の限りです。もっと勉強しないと・・心の引き締まる思いです。リンクに入れさせていただきました。有り難うございました。

Re: 有り難うございました

走れ‼でんどう三輪車さま

> 絶賛されて光栄の限りです。もっと勉強しないと・・心の引き締まる思いです。リンクに入れさせていただきました。有り難うございました。
こちらこそ、ご訪問ありがとうございました。
とても印象的なお句を拝見し、思わず駄文を綴りたくなって引用させていただきました。
ご容認くださいまして感謝申し上げます。
私ももっともっと勉強してゆかなくては、と思っております。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR