曼珠沙華だよと母の遠い耳へ むく

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀杏(ぎんなん)

2015/09/24 Thu

銀杏
銀杏 (散歩道:神奈川県横須賀市 2015.9.24)



     人人人銀杏を踏み議事堂へ

         (ひとひとひと ぎんなんをふみぎじどうへ)


     人人人銀杏を踏み議事堂へ


 今朝の散歩も衣笠山公園。
 帰り際、先日ギンナンの写真を撮ったイチョウの木の様子を見る。
 大きな木にすっかり色付いたギンナンがたわわに。
 木の下にもたくさん落ちている。

 3個ほど拾い集めて写真を撮ろうとしていると、通りがかりの人に声をかけられる。
 「何をとってるの?」

 振り向くと、私よりは少し先輩と思われる、気さくそうな男性。
 娘さん…にしては若すぎるようなご婦人とご一緒。

 「ギンナンを撮ろうと思って。」
 「食べるの?」
 “撮る“を”取る”と勘違いされた様子。

 「いえ、写真に撮ろうと思って。」
 「国会議事堂前にもたくさん落ちていたな。」

 「失礼ですけど、安保法案反対デモに行ってこられたんですか?」
 「成立する前に何回か。」

 「遅ればせながら、私は今日初めて横須賀での反対デモに参加します。
 実は神奈川県警に届けを出して自分でやろうと思ったんですが、横須賀に既に反対デモを行っているグループがあると分かったので、合流することに。
 特定政党によるものではなく、一般の市民グループが立ちあげている反対デモは、神奈川県では横須賀市だけのようです。」
 「私は千葉県から来たんだけど、千葉じゃあちこちでやってるよ。
 横須賀市は小泉さんの地元でもあるけど、米軍基地の町。
 反戦意識が高いものね。」

 横須賀市民が特に反戦意識の強い市民だと感じたことは一度もない。
 学生時代に、原潜帰港反対デモに東京から横須賀に来た時に抱いた印象は、デモを行っているのは外から来た人ばかりで、基地の町横須賀の市民は「われ関せず」という顔に見えたことだった。
 遠いむかし、たった1回だけ参加したデモだったが。

 ともかく、それから30分ほど、国会議事堂周辺でのデモの様子を、実際に参加した人ならではの声を、いろいろとお聞きした。

 違憲安保法に反対する声を、自分がどう上げるか。
 ここ数日、そればかり考えてきた。

 「横須賀Alls」という市民グループが反対運動を行っていることを知ったのは昨夜。
 そして今日は、そのデモに参加してみることにした。
 横須賀Allsの活動が始まったのは9月に入ってからとのこと。

 今朝、散歩前のトーストを食べながら、ガンコちゃんにそう告げながら訊ねた。
 「…あなたも行く?」
 夫婦でも思想や信教の自由は尊重しなければならない。

 「うん、行く。」
 当然、と言わんばかりに。
 予想通りの答えではあったが、改めて感激。



     金木犀安保法抗議へ妻と

         (きんもくせい あんぽほうこうぎへつまと)


安保法廃止への草の根抗議運動
安保法廃止への草の根抗議運動 (横須賀中央駅:神奈川県横須賀市 2015.9.24)


 午後5時、ガンコちゃんと二人で横須賀中央駅前のYデッキへ。
 主婦、幼い子供を連れた若いお母さん、キャリアを引退された方々などが10人ほど集まって、街頭演説の準備中の様子。
 あとから来られた方も含め、20人ほど集まる。
 デモではなく、街頭で道行く人に安保法反対を訴える集まりだった。

 準備が整ったところで、何人かの人が代わる代わるマイクを手にし、仕事や買い物帰りの駅へ向かう人々、駅から出てくる人々などに、安保法を廃止に…と訴える。
 私もマイクを手にして呼びかけることになるとは、全く思いもしないことだった。
 何をどう訴えるか、なんの準備もしていなかったが、「”超党派” で市民の反対の声を…」と、思いのたけを約10分ほど。

 ガッカリしたことも一つあった。
 私のあとにマイクを取られた方が、「○○党の市会議員XXXXです」と名乗られたこと。
 他党の市会議員も参加しているのならともかく、「ごく普通の一般市民の反対運動」に党名は要らない、出してはいけない、と。

 今日初めて参加した身で申し上げるのは僭越至極ではありますが、超党派と言うからには掛け値なしで文字通り超党派に徹しましょう。
 小異を捨て大同に随き、11月3日を、安保法に反対するあらゆる組織と個人の総力をあげて、日本じゅう全ての市町村で一斉にデモを展開する日にしませんか。
 未曽有の1千万人デモを実現しましょう。
 今年も来年も…勝利の日まで。



     駅頭に立ちて露けき手にマイク /むく

         (えきとうにたちて つゆけきてにまいく)


 「がんばってくださーい。」
 7、8人の男子高校生が、駅の改札口に向かう昇りエスカレーターの中ほどで、声を揃えてエールを送ってくれた。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

No title

そういえば議事堂前に銀杏が落ちていました。。。

さっそく行動をおこされたのですね。11月3日、一千万人
デモ、私も頑張ります。

Re: No title

智さま

> そういえば議事堂前に銀杏が落ちていました。。。
「下水道工事中」という不明の看板を立てて張り巡らせた高いフェンスのことだとか、お話を伺って議事堂前の様子がとてもよく想像できました。

> さっそく行動をおこされたのですね。11月3日、一千万人
> デモ、私も頑張ります。
これから寒さに向かいますから、どうぞ御身ご大切に。

No title

国会前に単身座り込み、神奈川県伊勢原市に住む男性、釜石(岩手県)に生まれた。
ネットで見た記事でしたが・・・
「うん、むくさん?」ふと思ったりしたのです(笑)。
わたしも声を上げていきます。親たちの犠牲から生まれた平和を噛みしめてきたのですから。

Re: No title

涼さん

> 国会前に単身座り込み、神奈川県伊勢原市に住む男性、釜石(岩手県)に生まれた。
> ネットで見た記事でしたが・・・
> 「うん、むくさん?」ふと思ったりしたのです(笑)。
あはは、その方の写真を拝見しました。
ステキな方でした。
1人で、というところが尊敬できますね。

> わたしも声を上げていきます。親たちの犠牲から生まれた平和を噛みしめてきたのですから。
学生時代の専攻が政治経済だったので、今でも憲法問題には敏感です。
日本国憲法は世界に誇れる平和憲法です。
捻じ曲げられたり骨抜きにされたりするのを見過ごすことができないんです。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。