旅は秋パンとチーズと地のワイン

夏の日

2015/08/06 Thu


2015.7.27  太陽光発電パネル (原村:長野県諏訪郡)


 7月26日~28日。

 こんな景色も昨今はあまり珍しいものではなくなりました。
 それでも私は、こんなところにも…と、白樺林に佇んでしばらく見入ってしまいました。

 そこへ、林間学校(最近はサマースクールと言うようですが)らしい小学校低学年の子供たちが、引率の先生方と一緒にやってきました。
 「これ、なーに?」と訊ねる子供に「これは太陽で電気をつくるためのモノなんだよ」と答える先生。
 それだけの出来事でしたが、なんだかとても印象的な瞬間だったのでパチリ。
 辛うじて間に合ったショット。

 原村では太陽光発電システムを設置する家庭に手厚い補助金を交付することになっているようです。
 (私が住む神奈川県横須賀市の補助金は有名無実と言って良い程度に過ぎませんが。)

 原村と同じ長野県の上田市出身の友人が郷里の実家に太陽光発電システムを導入したのは、もう10年ほども前のことになるでしょうか。
 その頃すでに補助金制度があったかどうかは分かりませんが。

 ちょっと調べたところでは、長野県は太陽光発電導入推進に積極的な印象を受けました。
 補助金制度は自治体によってかなり格差があります。
 自分が住む自治体の補助金制度がどうなっているか知らない方は、一度調べてみてはいかがでしょうか。



    林間にソーラーパネル夏日燦 /むく


 * * * * * * * * *

 鹿児島の川内原発が再稼働へ…という悲しいニュースが。
 電力会社の「収支改善のため」、だそうです。
 経済論理を前にして、倫理的な物差しなど何と虚しいものでしょうか。

 風力発電も太陽光発電も、単独ではそれぞれに一長一短があります。
 再生可能エネルギー開発プロジェクトが本物になってゆくためには、太陽光、風力、バイオマスといった各発電手段のそれぞれの短所を互いに補い合えるシステムを考えることが大切です。
 単に「地球に良いことをしています」といった「イメージアップ」のための宣伝事業ではダメです。
 重要な社会インフラ事業として総合的に取り組んでゆくことが必要であり、国政の舵取りが必須となる所以です。

 作った電気は電力社に買ってもらわないと困るわけですが、そのためには、既存の施設を使って送電しなければなりません。
 電力社が「買わない」と言ったらどうなるのでしょうか?

 再生可能エネルギー政策は今や最重要の国策です。
 既存の電力社に再生可能エネルギーを「買わない」とは言わせない仕組み作りも、とても大事だと思います。
 ユーティリティ事業の旧来の体制を見直して新らしいシステムを構築すべきだという世論が高まらない限り、原発の再稼働を阻止することも出来ないのではないでしょうか。



2015.7.27  白樺林 (原村:長野県諏訪郡)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

ご訪問ありがとうございました。

ことのほか暑い夏です。
高原の白樺林は一服の清涼剤のような気がします。

当県は、風力もソーラーも次々と至る所に増えています。
それらに伴って、山、海の風景もがらりと変わってきています。
有効活用されてゆくのならいいのでしょうが。

私の画像の写真で、ピンクの花は「ヨツバヒヨドリ」のような気がしています。
もう一つはイタドリではないような気がするのですが、遠目なので良くわからなくて。

むくさんのお花の写真も沢山拝見させていただきました。
自然の中にふれながら、暑い夏をご自愛くださいませ~~

涼さま

> ことのほか暑い夏です。
> 高原の白樺林は一服の清涼剤のような気がします。

コメントありがとうございます。

> 当県は、風力もソーラーも次々と至る所に増えています。
> それらに伴って、山、海の風景もがらりと変わってきています。
> 有効活用されてゆくのならいいのでしょうが。

客数が少なくて閉場した元ゴルフ場が太陽光発電所に変ったりしているところもあるようですね。
秋田には地熱発電所もありますね。
地熱は温泉との共生が課題と言われることもありますが、そういう問題をクリアしつつ、四大の力を上手に利用してゆくことが求められてくるように思われます。


> 私の画像の写真で、ピンクの花は「ヨツバヒヨドリ」のような気がしています。
> もう一つはイタドリではないような気がするのですが、遠目なので良くわからなくて。
ヨツバヒヨドリというのがあるんですね!
図鑑で見てみました。
八ヶ岳ではヒヨドリバナと思って撮った写真がいくつかあるのですが、知ってみると、中にはヨツバかな?と思えるものも。

> むくさんのお花の写真も沢山拝見させていただきました。
> 自然の中にふれながら、暑い夏をご自愛くださいませ~~
ありがとうございます。
秋田の豊かな自然を紹介する涼さんの発信を楽しみにしています♪
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR