曼珠沙華だよと母の遠い耳へ むく

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山牛蒡(やまごぼう)の花

2015/07/31 Fri


2015.7.26 探鳥 (清里高原:山梨県北杜市)


 7月26~28日。

 八ヶ岳山麓のあちこちを、高倍率ズーム付きコンデジを手に探鳥三昧のガンコちゃん。
 カッコウ(郭公)は鳴き声だけで、姿を目にすることはできませんでしたが、お馴染みのコゲラ(小啄木鳥)やメジロ(目白)、ホオジロ(頬白)、シジュウカラ(四十雀)の他、アカゲラ(赤啄木鳥)、クロツグミ(黒鶫)、キセキレイ(黄鶺鴒)、ゴジュウカラ(五十雀)など、写真もしっかり撮れたようでご満悦♪

 野鳥の撮影には不向きな一眼レフを手にした私は、もっぱら探検隊長のクマ除けだかシシ除け代わり。
 隊長が「止まれ!」と言えばピタッと立ち止まり、「静かに!」と言えば息を吸うのも止め、「ジッとして!」と言えばたとえ片足立ちしていても動かないで我慢し続けるのは、かなりの難行苦行。
 上を向いて歩く隊長に、下ばかり見ながらついて歩く私。
 木洩れ日の他は撮るものとてない森の中を、所在なく笹の葉や切り株、苔の生した石などにレンズを向けたりして。



2015.7.27 キセキレイ (八ヶ岳高原:長野県諏訪郡)


 ガンコちゃんのコンデジを借りて撮った唯一の鳥の写真です。


2015.7.26 イブキジャコウソウ (清里高原:山梨県北杜市)


 天女山(てんにょさん)で見かけた小さな花。
 ガーデニングでよくグラウンドカバーに使われますね。
 伊吹山に多く見られ、芳香があるので伊吹麝香草の名が付けられたのだそうです。
 草丈が低いので、例によって地面に腹這いになってカシャッ!



2015.7.26 チダケサシ (清里高原:山梨県北杜市)


 野生のアスチルベ。
 漢字では乳茸刺と。
 乳茸(チタケ;チチタケ)というキノコを、この茎に刺して持ち帰ったので付けられた名前だそうです。



2015.7.26 ヤマゴボウの花 (清里高原:山梨県北杜市)


 名前はヤマゴボウですが漬物などの食品になるものとは別種で、有毒植物だそうです。
 正しくはヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)という帰化植物で、特に珍しくもなく、どこにでも育ちます。
 ちなみに、漬物にするヤマゴボウは「モリアザミ」というアザミの根っこだそうで、このヤマゴボウとは無関係。 (まぎらわしい。)
 
 帰化植物ながら、在来種のそれ以上に一般的になってしまったヨウシュヤマゴボウ。
 「山牛蒡の花」と言えば、この花のことだと思うのが普通ではないかと思います。
 歳時記にも夏の季語とあります。

      山牛蒡の咲きたる馬柵(ませ)の霧がくれ /飯田蛇笏

 涼しい高原の牧の景が浮かびます。

      目隠しか塵の捨場の山牛蒡 /阿波野青畝

 二句並べると、青畝の句は蛇笏の句をクサしているかのようにも…。

 中庸の句を。



    高原の夏に遅れて山牛蒡 /むく



2015.7.22 ヤマゴボウの花 (よこすか菖蒲園:神奈川県横須賀市)


 先日「よこすか菖蒲園」に行った時に撮ったヨウシュヤマゴボウの花。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

こんばんは!

むくさんの投稿文は、本当に愉快です(^◇^)
上を向いて歩く隊長さんに、
傅いて・・居るらしいむくさんの比喩が笑えます。(^^♪

仲の良いご夫婦ですね。
奥様に宜しく申し上げて下さいませv-290

りまどさま

> むくさんの投稿文は、本当に愉快です(^◇^)
ありがとうございます♪

> 上を向いて歩く隊長さんに、
> 傅いて・・居るらしいむくさんの比喩が笑えます。(^^♪
書かれた本人はイカってましたが(~_~ ;;

> 仲の良いご夫婦ですね。
> 奥様に宜しく申し上げて下さいませv-290
りまどさんにそう仰っていただいて、ちょっと機嫌を直しました(^ <> ^)
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。