BGM: Contigo en la Distancia - Chris Botti (Trumpet)


湖を描いてゐる花合歓の下 むく

秀句鑑賞-春の季語: 雲雀(ひばり)

2015/03/25 Wed

Marhc 25 2015

渥美清

       いつも何か探しているようだナひばり

 烏、雀、鳩、鳶などの身近な鳥は別として、見たい野鳥は肉眼で観察できる距離にはなかなか来てくれない。その中で、雉や雲雀は比較的目にすることが出来る。ただ、雲雀は小さく、外敵から卵を守るために警戒心が強く、肉眼で表情まで窺い知るのはむずかしい。その雲雀を、「いつも何か探しているようだ」と言う作者。どんな時に、どんな思いを雲雀に託して詠んだ句なのだろう。貧しい時代の貧しい家庭で生まれ育った渥美清は「欠食児童」で病弱な子供だった。体育の時間は実技を免除され、いつも見学を余儀なくされていたと聞く。コメディアンを志し、少し芽が出はじめた二十代半ばに、当時は不治の病とされた結核を患って片肺を切除。療養中に目にした尾崎放哉の「咳をしても一人」の句は、作者に大きな影響を与えたようだ。作者にも破調の句が多い。人はどんな時に既成の枠に嵌るまいとするのだろう。掲句は、作者がサナトリウムで長い療養生活を送っていた頃に思いを馳せて詠んだように思えてならない。(渡邊むく)

 【渥美清(あつみ・きよし):昭和3年~平成8年(1928~1996年)東京都生まれ。俳号「風天」。『月刊俳句界』2015年3月号より。】




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

No title

りまども渥美氏の俳句は好きで
手帳にメモしています。
決して難しい言葉を使わず優しさの溢れる
句が多いですね。
3月号に出ていましたね。

村の子がくれた林檎ひとつ旅いそぐ

どれも・・良い句ですね!

りまどさま

> りまども渥美氏の俳句は好きで
> 手帳にメモしています。
> 決して難しい言葉を使わず優しさの溢れる
> 句が多いですね。
一芸に秀でた人の卓越した感性が光る句ですね。

> 村の子がくれた林檎ひとつ旅いそぐ

この句と、どっちの鑑賞文を書こうか、と考えました。
自由律の俳句は冗長に感じることも少なくないのですが、トラさんの句には不思議とそれが感じられません。
破調の句は私もよく作ります。
意識して作るというより、作っているうちに自然にそうなってしまい、破調のままでいいや、と。
気に入った破調の句が詠めた時が一番嬉しいのも事実です。
なぜか、好みなんですね。
口語の俳句はゆるくなると言われますが、口語で格調のある句、少しでもそんな句が詠めたら理想だなぁ、と。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR