富士初雪落葉松の大金屏風

春の詩

2015/03/19 Thu


2015.3.17 帆立貝のぬた (中央酒場:神奈川県横須賀市)

 所用で立ち寄ったみなとみらいの帰りに、横須賀中央の居酒屋へ。
 明日は休み…という安堵感もあってのことですが、思い始めると意地になる性分で、酢味噌和え、酢味噌和え…と。

 やっとありつけた旬の酢味噌和えは、帆立貝のぬた。
 大満足。

 でも、まだこれで終わった訳ではなく。
 次は山うど…かな。
 うんうん、山独活、山独活。
 あー、また意地になってる。



     ほめられもけなされもせず春の詩 /むく


 休暇を取った昨日は、義父の墓参りに行った後、一人で鎌倉へ。
 三椏(みつまた)が咲き終わらないうちに…と、これも意地?

 夜、家で食べたサンマの開きが良くなかったか、お腹をこわして、9時には床に。
 今朝もすっきりせず、二日続けて休む羽目に。
 かつて、来日中に宮中晩餐会で倒れたアメリカの大統領を思い出したり。
 …もう治りましたが。



2015.3.18 かのこ (東慶寺:神奈川県鎌倉市)


     苔庭にこぼれて梅の紅ほのか /むく



2015.3.18 梅の門 (東慶寺:神奈川県鎌倉市)


2015.3.18 群れ鳩 (東慶寺:神奈川県鎌倉市)


     もくれんの白鳩が翔ぶ夜の嵐 /むく


 こんな句を詠んだのは十数年前。


2015.3.18 鄙には稀な… (東慶寺:神奈川県鎌倉市)


     いにしへの紅の色めき木瓜の花 /むく


 元の句「いにしへの紅色はこれ木瓜の花」を推敲。(2017.3.22)


2015.3.18 さんしゅゆ (東慶寺:神奈川県鎌倉市)


     山茱萸の大僧正の袈裟に似て /むく


 これはボツ。


2015.3.18 みつまたの花 (東慶寺:神奈川県鎌倉市)


2015.3.18 みつまたの花 (東慶寺:神奈川県鎌倉市)


     三椏の淡き浄土の灯かな /むく


 川端茅舎に「ぜんまいののの字ばかりの寂光土」の句があることを思い出しながら。

 楽しみにしていた赤い三椏の花、今年は咲きぶりが良くないようです。
 それともこれから?




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

おいしそう。

帆立貝のぬた お酒がすすみそうですね
うど 数年 お目にかかってなくて・・・
想い出し 食べたくなりました^^

もくれん 三椏 大好きな花木です
先日は 大木に咲く神社のボケやハクレン
見てきました 

Re: おいしそう。

> 帆立貝のぬた お酒がすすみそうですね
あまりすすんではいけないんですが(笑。

> うど 数年 お目にかかってなくて・・・
> 想い出し 食べたくなりました^^
昨日は菜の花のおひたしを。
あまり得意ではありませんが、季節ということで。

> もくれん 三椏 大好きな花木です
> 先日は 大木に咲く神社のボケやハクレン
> 見てきました
里山を背にしたハクレンの大木は鮮やかですね。
月下に見る妖しい風情も好きです。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR