BGM: Contigo en la Distancia - Chris Botti (Trumpet)


湖を描いてゐる花合歓の下 むく

若布干す

2015/03/06 Fri


2015.2.28 若布漁 (三浦海岸:神奈川県三浦市)

 押し寄せるような白波の立つ、早春の朝の海。
 沖を見渡せば、若布を刈る小舟の点々と、
 目印のブイが波間に見え隠れする辺りに。

 背中を丸めて砂浜に立てば、老骨に寒さが沁みます。
 それでも、夢中になって写真を撮れば、少しは紛れる寒さも、
 そんな私を見守るように、傍らに立ち続けるあなたには…。

 と、ジェットスリーム♪
 (お若いみなさんには通じないギャグですね。)

 こんな寒さの中を、早朝から海に出ている漁師さん。
 …すごいですね。

 若布舟までは距離があり過ぎて、270mmのズームレンズでは限界。
 舟が戻って来るまで、しばらく朝マックして寒さをしのぐことに。

 パンケーキを食べながら海を見ていると、舟が動き始めました。
 速い!
 急がなくちゃ。



     若布の根そろえて戻る小舟かな



2015.2.28 浜へ急ぐ若布舟 (三浦海岸:神奈川県三浦市)


     舟板も見えないほどの刈り若布



2015.2.28 若布を洗う水槽と湯潜しする釜 (三浦海岸:神奈川県三浦市)


     若布舟大釜の火を入れて待つ


 釜の前にかがんでいるのは、先刻若布舟から上がってきた漁師さん。
 舟を浜に引き上げる光景には、残念ながら間に合わなくて、カメラに収めることができませんでした。
 代わりに、この浜でかつて詠んだ句を。



     父が押し子が捲き上げる若布刈舟


 若布刈舟は「めかりぶね」と読みます。


2015.2.28 採れたての若布 (三浦海岸:神奈川県三浦市)


2015.2.28 若布の切り分け作業 (三浦海岸:神奈川県三浦市)


     この浜の若布湯に通さずに干す


 湯通しするのは塩蔵若布に加工するもの。
 干し若布は天日でじっくり時間をかけて干すのが三浦海岸流だそうです。
 上の写真はめかぶ、茎わかめを切り分けているところ。



2015.2.28 若布干し (三浦海岸:神奈川県三浦市)


     若布干す棚の下のみ青き草


 不思議ですねー。
 若布からしたたる滴に含まれる養分のせいでしょうか。
 塩分も含んでいるはずなのに。



2015.2.28 手前が若布舟 (三浦海岸:神奈川県三浦市)


     半島のいずくの浜も若布干す


     日本の津々浦々の若布舟


 若布を初めとするいろいろな海産物が、放射能汚染のモニタリングを必要とし、安全だとするデータさえ信じられなくなってしまった時代。
 「濃度の高い汚染水、また海に流出」のニュースにも、すっかり慣れっこになり…。

 金の匂いさえすれば平気で悪魔に魂を売る「寛大」な政治にも、決して声を荒らげたりはしない、世界で最も「寛容」を美徳とする民族、日本人…。

 こんな良心を貫いて生きた人を、心から尊敬します。


     吉浜のまばゆき朝を若布舟


 吉浜は、私の父の郷里釜石市のすぐ南にある大船渡市三陸町の湾。
 吉浜湾の若布漁を見たのは、この地にある北里水産大学の海洋生命科学部のキャンパスに通い、寂しさを訴えて来た友人を、東京から慰めに訪ねた時…遥かな昔の春。
 穏やかな春光に輝いていた、日本一の若布の産地としても知られる風光明媚な海岸には、チリ地震津波(1960年)後に築かれた巨大な防潮堤が。

 土地の人に案内していただいた、津波の傷痕をとどめる遺構や津波体験館(現在の館とは場所も建物も別のようです)。
 館内には、古くから何度もこの地を襲ってきた津波の地獄絵図も。

 あの巨大な防潮堤ですら無力だった2011.3.11。
 悲しくもまた複雑な思いの去来するその3.11が、今年ももうすぐ。
 合掌…。


     ふるさとの海なつかしき若布刈舟 /むく




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

No title

お早うございます。
先日、お友達夫婦がワカメの茎をたくさん持って来てくれました~
多すぎて、ご近所さんにも差し上げました。
この時期、日本のあちこちで見られる春の風物詩なのですね。^^
寒い中、漁師さんの逞しさに・・惚れ惚れ。

Re: No title

> この時期、日本のあちこちで見られる春の風物詩なのですね。^^
そうですね。
豊かな恵みをもたらしてくれる自然を大切にしたいですね。
このごろ減塩に取り組んでいるので、家では味噌汁を作らなくなりました。
干し若布、たくさん頂いたのに、どうやって食べよう(笑。

No title

こんばんは。
船と海の風景いいですね~
絵になりますね
若布の香りが伝わってくるようです。


トマトの夢3さま

> 船と海の風景いいですね~
> 絵になりますね
こんな景色が好きです。
寒くなければ、のんびり眺めていたいところです。

> 若布の香りが伝わってくるようです。
減塩のため、家では味噌汁も作らないのですが、今朝は若布に免じて…。
美味い!
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR