曼珠沙華だよと母の遠い耳へ むく

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒桜(続)

2015/02/26 Thu


2015.2.24 寒桜 (馬堀町:神奈川県横須賀市)

 他人様のプライバシーに立ち入るのは憚られますが、鑑賞させていただいた寒桜の美しさに免じて…。

 「この桜は私が11歳の年に…今年で90歳になるんですけどね、その年に、お祖父さんが植えてくれたの。
 2本植えて、もう1本は根付かなかった。
 花の色があんまり良くないけど…。」

 「いえ、そんなことありません。
 同じように早咲きで色の濃い河津桜と比べると、やや紫がかって見える時がありますね。
 特に日が翳ると。
 あぁ、寒桜だなぁ…と感じられる風情が好きです。

 平屋のお宅の広い庭と大木の桜。
 だんだん少なくなってゆくことがもったいない、日本の景色だなぁ、と…。」

 「もうこの家も古くなって…。
 むかしは周りに家が少なくて、海がすぐ目の前で…。」

 傘を差してこんな会話を交わしながら鑑賞させていただいた、吟行会の日の寒桜でした。


     遠足の写真一枚日和山 /むく


 遠足は晩春の季語。
 まだ卒業式も終わっていませんが。

 今朝のニュースで、明日初めて日本を公式訪問される英国のウィリアム王子夫妻は、女川、石巻など東日本大震災被災地を訪ねるご予定と。

 日和山(ひよりやま)は、「石の巻 其の名も高い 日和山トエー♪」と、「大漁唄い込み」としても知られる松島湾沿岸地方の民謡「斎太郎節(さいたらぶし・さいたろうぶし)」にも歌われている、石巻市にある眺めの良い公園。

 4年前の3月17日には、その日和山公園に避難する途中の人も津波に巻き込まれ…。
 合掌。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

歴史

歴史ある寒桜 だったのですね。
見事な美しい花彩 ですね。
会話を読んで ほのぼのとしました。

3月17日東日本大震災被災地
大切な知人より、 町が消えた。
その 一言が頭から離れません。
合掌

そういえば・・

見事な寒桜です。そういえばお隣にある豪邸が売りに出されたのはいいのですが、土地を6分割して分譲したので、あたりの雰囲気が随分変わってしまいました。鶯はどこかに引っ越しし、夏の蝉もいなくなって無機質な空間に・・。まあ仕方がありません。

Re: 歴史

> 会話を読んで ほのぼのとしました。
今日、撮った写真と句をお届けしてきました。
ご夫婦揃ってお元気で。

町が消えた…何度思い出しても、余りにも大きな災害だった、と。
遠い故郷になったとはいえ、福島に父祖の地があり、岩手で生まれ、宮城で育った身。
切ないものがあります。

なりひらさま

>鶯はどこかに引っ越しし、夏の蝉もいなくなって無機質な空間に・・。まあ仕方がありません。
開発も再開発も、樹木はあると邪魔。
ブルドーザーで効率よく整地するために、大きな樹は伐られていまうのが常。
もちろん、自然環境が別荘地などは、そのあたりの配慮もあるでしょうが。
樹齢百年は人間の一生より長い、宅地造成には、その重みをもっと感じてもらいと思うことが。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。