灯籠や今も引揚桟橋と むく

雪の音

2015/02/13 Fri


2014.3.7 雪中梅 (湯河原梅林:神奈川県湯河原町)

 昨日に続いて、今日も冬の北海道編です。


     大玻璃戸気になる軒の大氷柱


 玻璃(はり)は硝子の別称、氷柱の読みは「つらら」。


     大つらら玻璃戸破るも泰然と


     赤屋根の丘の講堂深雪晴れ


     御歳に似ず巧みなる雪さばき


     大雪の旭岳よと息白く


     蝦夷松のひと枝落とす雪の音 /むく




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR