曼珠沙華だよと母の遠い耳へ むく

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の月

2015/02/10 Tue


2014.2.6 まんさくの花 (東慶寺:神奈川県鎌倉市)


     乳呑児の声する家や春の月 /むく


 いつも耳にする声なのですが、今夜は殊に心に沁みて。
 人の命が持つ重みでしょうか。
 満月が木星と寄り添っていた数日前の夜のことなども鮮やかに蘇るのは。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

No title

まんさくの花を飾し
幼子をあやす母の夢を思い出します。

父に寄り添い 雲の上から
月を眺めているのかな…。

No title

昨日の夜は、吹雪も止んで
近郷の文化センタ‐に古文書の
学習会に行きました。
車中より春の月と木星が
綺麗でした!

マンサクの花・・まだ見たことが
ない?・・と思います。

りまどさま

まんさく、北海道には咲かないんでしょうかね?
春の舞のようにも、シュレッダーにかけた紙くずのようにも見える花。
でも大好きです。

トマトの夢3さま

まんさくの花に大切な思い出がおありなんですね。
自分が生まれ育ったのはみちのく。
そのみちのくの花、といった印象が。
コメントありがとうございました。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。