渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 俳文: 池の端の白梅は八重小止み雨
FC2ブログ
航跡もイルカの群も夕焼ける

俳文: 池の端の白梅は八重小止み雨

2014/01/09 Thu

       池の端のしら梅は八重小止み雨

       (いけのはのしらうらめはやえ こやみあめ)

 日本の早春を彩る梅の花。その昔中国から渡来したとも言われるが、起源はともかく、温暖な土地によく育つ植物であるようだ。北海道でも花は咲くと聞くが一般的な光景ではないだろう。明治維新の後、内地の人々が移り住むようになった当初の北海道に梅はなかったのではないかと思う。その北海道では梅も桜も五月に咲く。タイの高地では三月が梅の実の収穫時期だった。ところ変わればであり、歳時記は東京を中心として編まれたものという話もむべなるかなである。

(2001年詠:鎌倉市鶴岡八幡宮)





にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。商社勤務、産業技術英語通訳・翻訳者を経て現在はほぼ引退。愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。引越し回数二十六回。現在の主な発信地は東京へも富士山へも約70kmの神奈川県秦野市。俳句は2000年から。リンクはどうぞご自由に。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR