旅は秋パンとチーズと地のワイン

衣笠山-大楠山 (1)

2015/01/18 Sun

2015.1.18 遠富士 (衣笠山:神奈川県横須賀市)
2015.1.18 遠富士 (衣笠山:神奈川県横須賀市)

 老いるに任せていては足腰が弱くなるばかり。
 いや、足腰が弱っては老化に拍車がかかる…でしょうか。
 ともかく、すこし鍛えなくては…と、先週末に続いて今日も近くの山に登りに。

 先週は武山(たけやま)という三浦半島で2番目に高い山でしたが、今日目指すのは大楠山。
 標高241メートルは武山とさほど変わりませんが、三浦半島では一番高い山です。
 
 本当なら丹沢の大山(おおやま)山頂にでも登りたいところですが、ケーブルカーを降りたあと、山頂まで歩くには、この季節はアイゼンが要るそうです。

 大山は標高1,252メートル。
 山頂付近は、たとえ運良く冠雪していなくても凍結はしているに違いありません。
 わたしもガンコちゃんも、アイゼンは疎かキャラバンシューズすら持っていないので、さすがに無謀過ぎる…と断念。

 大楠山に登るのは今日で3回目。
 登るルートはいくつかありますが、以前にも登ったことがある衣笠山→衣笠城址→大楠山というコースを選択。

 家からずっと歩きでも良いと思ったのですが、電車が好きなガンコちゃんのために、JR久里浜からひと駅の衣笠まで電車で行くことに。


2015.1.18 あじさいの新芽 (衣笠山:神奈川県横須賀市)
2015.1.18 あじさいの新芽 (衣笠山:神奈川県横須賀市)

 衣笠駅からは歩き。
 以前に同じルートで大楠山に登った時は、帰りの下り道でガンコちゃんが膝を痛め、ちょっと大変でした。
 あれから10余年。
 今日は大丈夫かな?


2015.1.18 椿 (衣笠山:神奈川県横須賀市)
2015.1.18 椿 (衣笠山:神奈川県横須賀市)

 先日ご紹介した「海だけを見に来た山の寒椿」 の句は、それより1、2年前に衣笠山に登った時に詠んだ句。

 衣笠山の中腹の小さな神社の前まで登ってきて、忘れていた句をふと思い出しました。


     三椏や社の司住む家か /むく

 同じ日に詠んだもう一つの句です。
 忘れていたのはあまり愛着のある句ではないからですが、思い出しついでに書き留めておきます。
 私とガンコちゃんには、それぞれささやかな思い出がある句でもあり…。


2015.1.18 枯れ石蕗 (衣笠山:神奈川県横須賀市)
2015.1.18 枯れ石蕗 (衣笠山:神奈川県横須賀市)

 何でもという訳ではありませんが、このごろ、枯れた物も気になります。
 ねこじゃらし、芙蓉、ススキなど。
 命を伝えてゆく形。
 きれいだな…と。


2015.1.18 枯れススキ (衣笠:神奈川県横須賀市)
2015.1.18 枯れススキ (衣笠:神奈川県横須賀市)

2015.1.18 衣笠山山頂より (衣笠山:神奈川県横須賀市)
2015.1.18 衣笠山山頂より (衣笠山:神奈川県横須賀市)

 穏やかで風もない東京湾。
 煙突の煙に迫力負けしていますが、スカイツリーも見えています。

 続きは、別記事で改めて…。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは♪
大楠山も、私は、知らない山だったのですが
お近くに、海があり、そして山がある・・素敵ですね!^^
枯れた葉、枯れた花・・命を伝えゆく形・・
本当に、そうですね!
だからこそ、美しいと思い・・
そして、心に響くのかも知れないですね*^^*

bunrumamaさま

大楠山界隈、横須賀に住んでいながら「ここも(ここはじゃなく)横須賀?」と思うぐらい長閑です。
きっと次回の写真にはそんな一コマも。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR