灯籠や今も引揚桟橋と むく

蝋梅

2015/01/04 Sun

2015.1.3 蝋梅 (明月院:神奈川県鎌倉市)
2015.1.3 蝋梅 (明月院:神奈川県鎌倉市)

 3日の日記の続きです。

 JR久里浜駅から大船駅に向かった朝の横須賀線は、途中の鎌倉駅が通勤ラッシュ以上の大混雑ぶりでした。
 早々と朝のうちに初詣を終えて横浜・東京方面へ帰る人、人、人。

 鯵の押鮨を食べたガンコちゃんと私は、大船からはひと駅の北鎌倉へ。
 去年二月の大雪の後に、私が一人で訪ねた明月院の蝋梅を見ようと。
 ひと駅でも、大船-北鎌倉間はギューギューの満員電車。

 狭いホームに人がひしめいて一層狭く感じられる北鎌倉駅に降り、磴(とう)を登る人下る人で賑やかな円覚寺山門前を過ぎて明月院に向かうと、嘘のように人がばらけて静かに。

 あまり日が射さない谷(やつ)にある明月院の境内には、日陰のあちこちにまだうっすらと元旦の残り雪が。
 やっぱり、鎌倉は横須賀より寒く、雪も積もりやすいようです。
 ましてや谷の日陰は。


2015.1.3 黄 (明月院:神奈川県鎌倉市)
2015.1.3 蝋梅 (明月院:神奈川県鎌倉市)

2015.1.3 蝋梅 (明月院:神奈川県鎌倉市)
2015.1.3 蝋梅 (明月院:神奈川県鎌倉市)

 境内も人は少なく、散策には格好。

2015.1.3 円窓 (明月院:神奈川県鎌倉市)
2015.1.3 円窓 (明月院:神奈川県鎌倉市)

 去年も写したお馴染みの円窓。
 雪空だった去年と違い、冬晴れの今年はだいぶ明るく撮れたので、加工して暗くしました。
 天候によって見え方がずいぶん違いますね。


2015.1.3 先駆けのまんさくの花 (明月院:神奈川県鎌倉市)
2015.1.3 先駆けのまんさくの花 (明月院:神奈川県鎌倉市)

 まんさくの花が、一輪だけ咲いていました。

 一時間ほど境内で過ごしたでしょうか。
 日陰で冷えた身体を一刻でも早く温めようと、足早に下山。
 混んでいる電車は懲り懲りと、北鎌倉駅には戻らずに、亀ヶ谷坂(かめがやつさか)の切通を抜けて鎌倉駅へ向かいました。
 鎌倉からなら、駅は混んでいても、久里浜方面に向かう下り電車が混むことはないので。


2015.1.3 寿福寺参道 (神奈川県鎌倉市)
2015.1.3 寿福寺参道 (神奈川県鎌倉市)

 寿福寺として知られる亀谷山寿福金剛禅寺。
 虚子の墓もあります。
 参詣は改めて。


2015.1.3 俳句ポスト (寿福寺参道:神奈川県鎌倉市)
2015.1.3 俳句ポスト (寿福寺参道:神奈川県鎌倉市)

 俳句はもう少し推敲して、後で追加更新します。


    鎌倉を離れてホッと初電車 /むく




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

鎌倉・・良いですねぇ。 大好きです。
出来る事なら、住んでみたい。。。^^

蝋梅も、青い空に映えますね。とても、素敵です。

No title

むくさん、こんばんは。

ロウバイといいマンサクといいこの時期に素敵な花が見られますね。
ロウバイは残念ながら見たことがありませんが、マンサクは春一番に咲く花として雪融けが進んだ裏山で見ることが出来ます。
そんな季節が早く来るといいなって思いながら拝見させていただきました(^^)
円窓のお写真は素敵で背筋が伸びるようなお写真でした。

こんばんは^^

うちの蝋梅は盆栽なので、規模が小さいですが、
コチラの蝋梅は見事ですね!
丸窓からの風景も素晴らしいです^^
鎌倉って、良いですね*^^*

みやこ草さま

鎌倉、関東では唯一「古都」とも呼ばれる町。
短い間の都、小さな都ではありますが、首都圏に近いので人気がありますね。
近代ではお金持ちに加えて文人なども愛して多く住んできたので、それもステータスを高める要因になったのかな、と。
改築の許可を得るのも大変だとか、景観を守るためにいろいろな制約もあるようですけど、いい町だと思います。
近くに山はありませんが、それを補って余りある豊かな海があります。
住んでみたい…むくも同感です。
住んだらもっといい俳句が詠めるかも(笑。

チビmomoさま

蝋梅、思ったより早く開花が進んでいるので、昨日行ってみてよかったです。
去年は少し遅かったので。
まんさくの花のラインダンスを撮りたいなぁ、と思っています。
また行かなくては。
円窓、去年寒い平日に行ったら、人が来る度にお坊さんがガラス戸と障子を開け、人がいなくなると閉め、とやっていました。
昨日は、本当は大船フラワーセンターというところに冬の椿「侘助」を観に行こうと思ったのでしたが(笑。

jujuさま

鉢植の蝋梅があるって、素敵だなと思いました。
「迎春花」の記事に付けた句、jujuさまの盆栽の蝋梅のお話を基に、来し方を振り返って詠んでみたんですよ。
「迎春花」というと普通は「黄梅」のことですが、私の中では蝋梅も。

No title

ロウバイ咲き始めましたね♪
初詣でわたしも見かけましたよ~^^

遅くなりましたが
今年もよろしくお願いいたします♪

eemy♪♪さま

蝋梅、品の良い香りがする花ですね。
俳句をやるようになってから親しみを感じるようになった花で、以前は花びらがセロファン紙みたいにペラペラだとか思って、あまり馴染めませんでした(笑。
よく見ないと味わいも解らない、ということでしょうか。
写真にも言えることかもしれませんね。
今年もどうぞよろしくお願いします。

No title

こんばんは♪
蠟梅が咲き、マンサクの花が咲き始め
早春の風情なのに、丸窓から見える景色は
やはり、寒そうです^^

bunrumamaさま

> 早春の風情なのに、丸窓から見える景色は
> やはり、寒そうです^^
鎌倉の古刹に雪の庭を観に行こうと思うことがあるのですが、雪が降ると帰りの足が心配になって(笑。
雪椿、雪の梅…と、思うばかりです。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR