渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 秀句鑑賞-秋の季語: 鳳仙花(ほうせんか)
FC2ブログ
航跡もイルカの群も夕焼ける

秀句鑑賞-秋の季語: 鳳仙花(ほうせんか)

2013/12/27 Fri

December 27 2013

中村零城

 鍵掛けぬ村の昼餉や鳳仙花

 鳳仙花は秋の季語だが咲くのは夏休みの頃で暑い盛りである。「家の作りやうは、夏をむねとすべし」と兼好法師が徒然草にも書いているように、日本の家屋は夏過ごしやすいように建てるのが伝統だった。開閉が自由で取り外しさえ可能な襖で部屋を仕切るのも風通しを良くするための工夫。日本文化はこうした開放的な住空間の中で育まれてきた。エアコンを使用することを前提にした現代家屋は閉鎖的で家も家族も風通しが良くない。節電に励んだ三・一一後の夏は、「暑き頃わろき住居は、堪へがたき事なり」(徒然草)と実感した人も多いはず。かつては「水と安全はタダの国」と自慢できた日本。近年はそれも怪しくなってきたが、作者は今も昔ながらの開放的な夏の暮らしをしていて得意そうだ。実がはじけては勝手に種を飛ばして殖える鳳仙花がよく似合う。

【中村零城:岐阜県在住。『惜春』2013年12月号より】



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。商社勤務、産業技術英語通訳・翻訳者を経て現在はほぼ引退。愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。引越し回数二十六回。現在の主な発信地は東京へも富士山へも約70kmの神奈川県秦野市。俳句は2000年から。リンクはどうぞご自由に。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR