富士初雪落葉松の大金屏風

桃の脂(やに)

2014/09/02 Tue

2014.9.2 桃の脂 (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014.9.2 桃の脂 (散歩道:神奈川県横須賀市)

 先日撮れなかった桃の木の脂(やに)。

 「脂桃」として秋の季語にもなっているとは知りませんでした。
 季語になっているということは句があるということでしょうが、目にした記憶がありません。



    葉に落ちて重き一滴桃の脂


    いろいろな虫を宿して桃の脂


    白亜紀の琥珀と光り桃の脂


    やわらかにあらがう力桃の脂  /むく


 今日は出勤日数調整で休み。
 昼から俳句教室へ。

 追記1:

 1句めは、教室での提出句「葉に落ちて重き一滴桃の脂」を風人子先生に添削していただきました。
 2、3、4句めは、教室から戻って詠み足したもの。

 提出した3句の他の2句は…。

     髪をアップに眼鏡も替えて秋の顔

     葛の花ファンタグレープの匂ひして

 3句とも見事にスコンクでした。(2014.9.2)

 追記2:

 4句めの「琥珀には遠くやわらか桃の脂」を推敲。(2014.9.3)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR