旅は秋パンとチーズと地のワイン

秋の色

2014/08/27 Wed

    昼は外へ桂の木ある秋の道


 コンビニに行く途中の街路樹の中に3本混じっていて。


    かつら葉に見えはじめたる秋の色


 会社の食堂にはほとんど行かず、毎日のようにコンビニに昼食を買いに行くのは、その3本の桂の木を見たいから。


    この秋はかつら木に恋したるやも


 前から大好きな木ではありますが。


    地下街を行きつ戻りつ秋湿り


 こんな日もあるかと昨日見つけておいて良かった。
 おかげで傘を濡らさずに家までたどり着くことができました。

 でもハプニングも。
 その地下街の蕎麦屋で蕎麦を食べて、そのまま地下通路を通って京急川崎駅に着くと、電車が動いていませんでした。
 やむなく地下街へと引き返して、JR川崎駅へ。
 いつもは乗らない東海道線に乗って、戸塚で横須賀線に乗り換えて…。

 東海道線は熱海行きでしたので、乗り越したら大変、と緊張しました。
 電車は振り替え輸送で混んでいたので、立ったまま居眠りする心配はなかったと思いますが。



    上り月生まれ日の祝ぎ間に合わず  /むく


 母を亡くした時に詠んだ句を推敲。
 墓碑に刻んで手向けた句は「今日よりは月の桂に住み給う」。

 今年の中秋の名月は9月8日。
 例年より早いですね。
 でももう、すすきの穂もちらほらと出て、月待ち顔です。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR