曼珠沙華だよと母の遠い耳へ むく

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜木綿

2014/07/28 Mon

2006/07/22 浜木綿(散歩道:神奈川県横須賀市)
 2006/07/22 浜木綿(散歩道:神奈川県横須賀市)

 昨日は7月の『惜春』横須賀吟行会。
 先生が欠かさず参加して東京と横浜で行ってきた月例吟行会は、米寿を過ぎた先生のご負担を考えて、先月で一旦終了。
 今月からは教室も吟行会も横須賀だけに。
 そのため、今月は東京、横浜からの句友も参加。
 24名が参加しての賑やかな吟行会、句会となりました。

 嘱目に集中しようと、カメラは持参せず。
 でも、東京からおいでになった皆さんのガイド役に忙しく、句会の会場に着くまで一句も詠めず…詠まず、かな?
 大慌てで詠んで、ストックも交えて7句提出。
 果たして、スコンクは免れたものの互選は2票だけ。
 でも風人子選に2句採っていただきました♪

 採っていただいた最初の句は…


     雲の峰北緯三十五度の海

 嘱目の即吟ではなく、句会のために事前に詠んでおいた句でした。
 元の句「雲の峰北緯三十五度に立つ」を推敲して提出。
 互選でも、どなただったかお一人だけ採って下さった方がいました。

 風人子選に採っていただいたもう一句は…。


     大夏木先師もかつて立ちし丘

 これは即吟で、初め 「大夏木虚子も立子も立ちし丘」と詠んでから推敲して提出。
 でも自分らしい句形ではありません。
 私が詠んだ句と知って、採って下さった先生も意外に思われたに違いないと思っています。

 「浜木綿を知らないと言ふ人若し」は採っていただけなかった句の一つ。
 先生からは、 「"知らない"という口語と"若し"という文語が混在しているのは良くない」というご指摘。
 自分でもそう思いつつ、時間に追われて提出した句で、句会後に推敲。

     浜木綿は知らないと弾ける若さ

 追記1: 「浜木綿を知らないと弾ける若さ」を更に推敲。
 粗忽者の私らしさが出た俳句になったのでは、と自分で満足。
 破調の句になっとことも。(2014.07.29)
 追記2:「浜木綿は知らなくて弾ける若さ」を推敲。(2014.8.15)

 互選で私が採った7句から。


     何ほどの残る句もなし老い涼し /桂子

 8月19日は俳句の日。
 そう勝手に決めたのは「たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ」や「三月の甘納豆のうふふふふ」の句でお馴染みの坪内捻典さん。
 でも8月は暑いので、吟行会も夏休みです。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お忙がしそうですね

> 何ほどの残る句もなし老ひ涼し /桂子
>

> 教えて下さいませ

いま帰宅したところです。
> 老い・・が正しいのではと思うのですが?
そうですね。
老ゆですから老いるですね。
私の転記ミスかな?
直しておきましょう。
ありがとうございます。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。