渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 秀句鑑賞-夏の季語: 蝉(せみ)
FC2ブログ
航跡もイルカの群も夕焼ける

秀句鑑賞-夏の季語: 蝉(せみ)

2013/11/12 Tue

November 12 2013

伊藤八千代

 大地なほ健やかなりし蝉の穴

 季語は蝉(の穴)で夏。今年七月の『惜春』横須賀吟行会での詠。互選の時、目にした途端に鮮烈なショックが走り、深い感銘を受けた。ショックを受けたのは放射能禍に苦しむ福島の大地を思ったから。感銘を受けたのは作者の精神の健やかさに対して。蝉の穴もよくお詠みになる主宰の風人子先生の御句かと思ったが違っていた。作者がフクシマを意識して詠まれたかどうかはお訊ねしていないが、未来を生きる子供たちを思い、未来に生まれてくるあらゆる命を思う時、「なお健やかなりし」の惜辞は、胸が痛くなるほど切ない希望が込められた限りなく深い祈りとなる。ノーモア・フクシマと心から祈る。(渡邊むく)

 【伊藤八千代(いとう・やちよ):『惜春』会員。神奈川県在住。『惜春』2013年11月号より。】



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。商社勤務、産業技術英語通訳・翻訳者を経て現在はほぼ引退。愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。引越し回数二十六回。現在の主な発信地は東京へも富士山へも約70kmの神奈川県秦野市。俳句は2000年から。リンクはどうぞご自由に。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR