BGM: Contigo en la Distancia - Chris Botti (Trumpet)


湖を描いてゐる花合歓の下 むく

茗荷の葉

2014/07/01 Tue

2014/06/30 茗荷の葉 (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/30 茗荷の葉 (散歩道:神奈川県横須賀市)

     忘れられ居る葉茗荷の繁りかな /むく

 茗荷は秋の季語で、繁り(=茂り)は夏の季語。
 季またがりは承知の上で。
 有罪か、無罪か。
 評決は陪審員である読者の皆さんの手に委ねて。
 追記:元の句「葉茗荷の忘れられ居る繁りかな」を推敲。(2014/07/03)

 「卒業生を送る会」で、大人たちを前に
こんな噺を演じたのは小学校5年の時。
 寄席など行ったこともなく、落語はラジオで聞いたことしかなかった頃。
 あの頃の「怖さを知らない強さ」が、いま俳句になっている…とは、言えるようにも言えないようにも。
 言えるかもしれないと思うのは、遊び心を楽しみたいと思うから。
 言えないかもしれないと思うのは、怖さも知る大人になってしまったから。


2014/06/30 昼顔 (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/30 昼顔 (散歩道:神奈川県横須賀市)

     昼顔のまだ開かない朝が好き /むく

 昨日までは「開け、開け」と思いながらカメラのレンズを向けていましたが、暑さも厳しくなってきたので、方針変更♪

 追記:元の句「昼顔の覚めぬがままにあらまほし」を推敲。(2014/07/02)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

No title

ミョウガ、美味しいですよね。
素麺には欠かせません・・

ミョウガ

>eemy♪さま
>素麺には欠かせません・・
冷素麺がないとミョウガが好きになっていなかったかもと思うほど♪
いまではミョウガが出るとわが子のように可愛いくて(笑。

   茗荷の子竹取姫と抱き上げる /むく
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR