渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ かぼちゃの花
FC2ブログ
雪渓の細き一条富士の紺

かぼちゃの花

2014/06/26 Thu

2014/06/26 キュウリの花(散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/26 キュウリの花(散歩道:神奈川県横須賀市)

 透明プラスチック容器に水耕栽培で芽を出させたサツマイモの葉。
 何に移し替えようか…と、食器棚からグラタン皿を取り出して。
 いかにも仕事をしているように見えるかと、ピースとレンズキャップを置いてパチリ。
 と、いたずらをしてみたくなったのは、昨夜
こんなブログ(『サイト紹介』に追加)を拝見したからかも。

2014/06/26 キュウリの花(散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/26 キュウリの花(散歩道:神奈川県横須賀市)

     山畑に作務の人居る朝曇 /むく

 朝ぐもりに騙されたか、日傘も持たず、帽子も被らずに散歩に出たガンコちゃん。
 日が射してきたら暑いし、それに子供たちが大勢通る頃…と通学路は避け、今朝の散歩は御林(おはやし)と呼ばれる里山へ。


2014/06/26 カボチャの花(散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/26 カボチャの花(散歩道:神奈川県横須賀市)

 胡瓜の花を撮ったあと、見ると隣の畝のだいぶ背が伸びてきた芋の葉に朝露が。
 「芋の露連山影を正しうす 飯田蛇笏の句だね。」
 と、カメラを構えながらガンコちゃんに。

 「今どき蛇笏の句を知っているとはスゴイ。」
 そう言ったのはガンコちゃんではなく、傍の駐車場にいた四十歳手前ぐらいの男性。
 作務衣ではなく、サッカーの真っ赤なサポーターTシャツ姿の人。
 作業を終えて帰り支度も終え、車に乗ろうとしているところでした。
 それからが大変。
 蛇笏の句を知っているのはスゴくもなんともありませんが、30分ほど話し込むことに。

 話は韻文と散文の作品寿命の違い、鎌倉文士として知られた川端康成、高浜虚子、久米正雄の作品寿命、芭蕉を含む日本の古典を理解するために必要な漢文の素養、フォークナーを理解するために必要なアメリカの歴史文化の素養、欧米の若者が教養として学ぶシェークスピア劇について、学校で現代詩を教えることの難しさなどなど。

 「いやー、こんなところでこんな話が出来る人に会えるなんて」と、語り合えば何日かかっても終わらないような話の、私はもっぱり聞き役。
 顔に「早く家に帰って朝食にしたい」と書いたガンコちゃんが待っているので、頃合いを見て失礼することに。
 今朝の収穫の胡瓜を一本いただいて、芋の葉の写真は撮り忘れて…。

 それにしても、あの若さであの知識、そして能弁さ。
 「只者ではないね」と私。
 「塾の先生かな」とガンコちゃん。

 「俳句に学歴は関係ないですよ」と言ったことは、解ってもらえなかったかもしれません。
 反応がなかったので。


     文学の話の尽きず花南瓜 /むく

2014/06/26 昼咲月見草(散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/26 昼咲月見草(散歩道:神奈川県横須賀市)

 月見草も好きですが、この昼咲月見草も好きです。
 もっと楚々とした色合いに写るかと思ったのですが、鮮やかなピンク色に。
 光の一瞬の変化のせいでしょうか。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト



テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

コメント

Secret

花の名前

こんばんは。

あちらこちら(こちらでも?)で書いているのですが、おたまは、花の名前を知りません。

ピンクのお花「昼咲月見草」と言うのですね。

実は、本郷通り沿いに咲いていて、通るたびに「次回に」と思っていたら、いつのまにか花のピーク時は終わってしまいました。

清楚なピンクのお花ですよね。

来年は、「次回」と考えずにすぐに撮影することにいたします。
これからも、お勉強させていただきます~

こんばんは。

先日は、コメントをいただきありがとうございました。
また、勿体ないような御句まで頂戴して恐縮しております。

今頃になってですが、
りまどさんのお客さまとは失礼いたしました。

正しく俳句を詠んでおられる方と知って、
非常に恥ずかしい思いをしております。

私は特にこれといったものを持たず、
俳句もまったく似非といっていいでしょう。
基礎すら勉強したことがないものですから、
むくさんのところを訪れて、
私の五七五は冒涜だと思わされたのです。

ましてや今日のお話し・・・
その何と言うか。
恐ろしいほどの教養に溢れた会話には、たじたじとするばかり。

そんな無教養の居酒屋オヤジですので、
がっかりなされることと思います。
すでにそうかも知れませんが(汗

なんとかしてあげましょう、というお慈悲がありましたら、
今後ともよろしくお導きのほどを。

Re: 花の名前

>おたまさま
花や草、木、鳥、星座の名前など、知っていたらなぁと思うものがいろいろありますね。
幸い、私はガンコちゃんがそういうものにとても詳しい人なので、殊に俳句を始めてからはとても助かっています。
携帯電話で「中ぐらいの高さの木で、葉っぱが細かくて色にモミの木の葉のような雰囲気があって、黄色いコンペイトウのような花が咲いているいるんだけど、これ何?」
「ギンヨウアカシアだと思う。」
とこんな感じ。
星座も詳しくて、夏の星座、冬の星座と、ずいぶんたくさん教えてもらいました。
子供の頃から観察が大好きだったようです。
「ローマは一日にして成らず」ですが、俳句と縁を結んだことはそうした造化の神の贈り物にも詳しくなれると約束されたこと、だと思います。
これから楽しいことがたくさんある、と。
花鳥諷詠の花鳥の意味は花や鳥ばかりではありません。
季題に優劣はありませんが、どの歳時記も時候、天文、地理、人事、宗教行事、それから動物、植物の順に季語が収録されています。
これは一応句を詠む難しさの順番になっていると、時おり私は自分に自己確認として言い聞かせることがあります。
つまり、花の季題は一番身近で詠みやすいのだ、と。
花鳥とは人生百般のことで花鳥諷詠とは人生諷詠ということかと。
何を詠むかより諷詠の二文字が大切と。
恐々。

亭午

>南亭さま
コメントありがとうございます。
縷々ご謙遜と承ります。
エッセイからは社会を見詰める視点の高さ、洞察の深さが。
秀句も拝見いたしましたし、俳句の実力も確かな方と。
亭午の東京湾を見るたびに、この対岸に南亭ありと思い出してしまいそうです。
今後ともご厚誼のほど。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんばんは!

>りまどさま
>>そうなんですか??
だろうと私が思っているだけのことです。
秀句を詠む難しさ、という意味ですが、本質的に季題に優劣はないと思います。
季題を広く何でも…と言っても詠めそうにない季題もたくさんあります。
季題は詩を語らせる便利な道具、だとも。
曰く「季題に語らせる」と。

物知りではなく、心配性なだけ(笑。
こちらこそよろしく。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR