渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 秋めく
FC2ブログ
航跡もイルカの群も夕焼ける

秋めく

2020/08/25 Tue


    気まぐれに花入れを買ふ秋めきて /むく

        (きまぐれにはないれをかう あきめきて)





 ますほの芒 (2020.08.14 山中湖村:山梨県)


 糖尿病と外耳炎

 左耳の中に炎症が出来た。
 少し熱を持ち、リンパ腺まで腫れている感じがした。

 インターネットで耳鼻咽喉科を検索した。
 開業して三十余年というベテランの専門医が見つかった。
 診てもらいに行った。
 
 「外耳道炎だな。
 耳の掻き過ぎだね。
 ぜったいに耳を掻かないこと。
 耳掻き棒も綿棒もダメ。
 耳に触らないこと。
 と言っても、これが我慢できないんだよなぁ。
 熱い風呂、過激な運動は避けること。」

 「酒もですね。」

 「あぁ、勿論だ。
 どうしても耳に触りたくなったら、またここに来なさい。」

 歯に衣を着せない、ぶっきらぼうな先生だ。
 そういう愛想のないベテランの先生が私は好きだ。
 が、商売上はどうなのだろうか。
 もう少しやさしく、お世辞の上手な先生のほうが女性は好きかもしれない。
 余計なお世話だが。

 これまでに中耳炎に罹ったことは何回かあるが、外耳道炎という診断を受けたのは初めてだ。
 湯上りに竹製の耳掻き棒を使って掻いたのだが、どうやら、その時に掻き過ぎたのが直接の原因らしい。
 外耳道炎は耳を掻き過ぎる人に多い疾患だと言う。

 「耳掻きをし過ぎると外耳道が狭くなる。
 もうだいぶ狭くなってるなぁ。
 ひどくなると耳垢臭い人間になって、難聴になったり耳が聞こえなくなったりするよ。」

 「先生、耳垢臭いってどういうニオイですか?
 パルメザンチーズのような匂いでしょうか?」

 「何というかなぁ…四五日穿き続けた靴下のような臭い、と言えば分かるかな。」

 万止むを得ない事情から、同じ靴下を二日続けて穿いたことはあるが、三日以上穿き続けたことはない。
 二日目の靴下は、穿くときに我ながら臭くて堪らなかった。
 それが、“四五日穿き続けた靴下のような臭い”と言うのだ。
 話を聞いただけで私の低い鼻が曲がりそうになった。

 それ以上に、糖尿病持ちなので感染症が心配である。
 抗生物質を処方してもらった。

 …あれから四日経った。
 耳の具合はだいぶ良くなった。
 今朝は五日ぶりに散歩にも行ってきた。
 念のために、あと四日分の抗生物質を処方してもらってきた。

 すこし心配し過ぎのように聞こえるかもしれないが、それには訳がある。
 去年、感染症で足が象のように腫れ、あわや片足切断しかねないような経験をして懲りたことである。
 耳の中で感染症を起こすと顔半分が腫れあがるというから、それも恐ろしい。
 自分でも恐ろしいくらいだから、それを目にするガンコちゃんは…。
 
 新型コロナウィルスの場合もそうだが、感染症は糖尿病患者がもっとも恐れなければならない病気、と思っている。
 これからは耳掻きをしてもらうために耳鼻科に通うことになるのだろうか?
 美人の先生の膝枕で掻いてもらえるのだったら喜んで通いたいところだが…。



 買った花瓶に適当に投げ入れた女郎花と芒 (2020.08.25 秦野市:神奈川県)


 (2020年8月25日 秦野にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

こんばんは~

むくさん 耳の調子が良くなって良かったです。
秋の七草に斑入りの芒ですね。素適です。
秋の風が届くようです。

外耳道炎

外耳道炎はもう治られたでしょうか?
私も「耳掻き大好き人間」らしくて、過去に失敗したことがあります! 風呂上がりに耳掃除を…と、綿棒を入れたら黒い煤みたいなものが。?と思いながらも痛くも痒くもないので放っておいたらますます煤がひどくなり、とうとう耳鼻科に。外耳道の炎症に真菌が住み込んだらしいのです。
耳鼻科の先生に『耳掃除はしなくていいの!』と叱られました。

秋らしい花にそこだけ涼しい風が… 矢筈ススキにもう穂がでているのでしょうか! こちらはまだまだです。

Re: こんばんは~

tanbattukoさま

> むくさん 耳の調子が良くなって良かったです。

ありがとうございます。
おかげさまで良くなりました^^

> 秋の七草に斑入りの芒ですね。素適です。
> 秋の風が届くようです。

お手軽に花屋さんで買ったので斑入りの芒になりました^^
草花の好みは人それぞれですが、私が惹かれるのはやはり山野草。
日本の四季を感じるときがいちばんの幸せです。
tanbattukoさんが撮る植物には染料の原料になるものが多いようですね。
私には何の植物だろう?と、すぐには分からないものが多いのですが(汗。

もう少し涼しくなったら行動半径を広げたいと思っています。

コメントありがとうございました。

Re: 外耳道炎

よねさま

> 外耳道炎はもう治られたでしょうか?

ご心配ありがとうございます。
おかげさまで良くなりました^^

> 私も「耳掻き大好き人間」らしくて、過去に失敗したことがあります! 風呂上がりに耳掃除を…と、綿棒を入れたら黒い煤みたいなものが。?と思いながらも痛くも痒くもないので放っておいたらますます煤がひどくなり、とうとう耳鼻科に。外耳道の炎症に真菌が住み込んだらしいのです。

同じような経験をされていたとは。


> 耳鼻科の先生に『耳掃除はしなくていいの!』と叱られました。

子供の頃、母の膝枕で耳を掻いてもらった記憶のある人も多いでしょうね。
その耳かきが良くないと言われて、??となってしまいました。
危険予知本能が発達しているので、早めに耳鼻科に行って良かったと思っています。

> 秋らしい花にそこだけ涼しい風が… 矢筈ススキにもう穂がでているのでしょうか! こちらはまだまだです。

矢筈芒は花屋さんで買ったものです(汗。
野の芒はやっと穂が出始めたところです。
山中湖はもっと早いですが。
私たちが出た後の山中湖のマンションには、いま、山が大好きが娘が住んでいます。

コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。商社勤務、産業技術英語通訳・翻訳者を経て現在はほぼ引退。愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。引越し回数二十六回。現在の主な発信地は東京へも富士山へも約70kmの神奈川県秦野市。俳句は2000年から。リンクはどうぞご自由に。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR