渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 夏燕(なつつばめ)
FC2ブログ
航跡もイルカの群も夕焼ける

夏燕(なつつばめ)

2020/07/16 Thu


    夏つばめ湖にぎやかになる兆し /むく

        (なつつばめ うみにぎやかになるきざし)





 ツバメ (2020.06.07 山中湖村:山梨県)


  夏燕

 ひと月余り前に撮ったツバメ。
 飛んでいるところをと思って湖畔に出たのだったが、あいにく。
 ツバメはたくさん舞っていたのだが。

 ちょうど、湖畔の飲食店も営業を再開する店が増え始めた頃だった。
 昼食をと、「ほうとう」が看板の贔屓の店に入った。
 普段は夜しか行かないのだが、営業再開の景気づけのためにもと。

 揚げ出し豆腐、天ぷらの盛り合わせ…と、結局注文したのはいつもと同じ料理。
 手酌で冷酒をやっているとオーナー夫人が挨拶に見えられた。
 「俳句のお仲間が来ています」と、女将が電話で連絡したようだ。
 わざわざ店までお出でいただいて恐縮。

 あれからひと月余り。
 夏燕は二番子も巣立ったであろうが、湖畔の賑いは戻っていない。
 もうすぐ夏休みだが。

 寓居があるマンションは敷地内の草刈りも済み、大勢の人がやって来る夏休みへの準備が整った。
 大浴場は時短運営で、サウナは使えない。
 測定した体温の記入、一度に入浴する人数の制限等のコロナ対策を行っている。
 が、私は利用していない。
 室内温水プールも今年は夏休み期間中も利用出来ないことになった。

 今日は村営温泉「紅富士の湯」へ。
 先日から露天風呂は利用出来るようになった。
 サウナは不可のまま。
 なるべく人が少ない頃合いを計って行くようにはしているが、今日は特に人が少なかった。

 売店で地場産の夏野菜を買って帰った。



 ツバメ (2019.06.07 山中湖村:山梨県)


 (2020年7月16日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

No title

こんばんわ  燕の写真を懐かしく拝見しました。
「懐かしい」なんて変な表現ですが、私の住んでいる地域から燕が姿を消してから数年になります。毎年飛来していた燕が何故?といろいろ考えたのですが、最後に行きついたのが放射能汚染です。燕は泥で巣を作りますがその巣に汚染土が含まれていたら雛に影響がある筈です。人間より燕の方が本能的に放射能の怖さを知っているような気がします。

Re: No title

Takさま

> こんばんわ  燕の写真を懐かしく拝見しました。
> 「懐かしい」なんて変な表現ですが、私の住んでいる地域から燕が姿を消してから数年になります。

さびしいですね。
以前住んでいた横須賀もツバメがあまり多くない町でした。

> 毎年飛来していた燕が何故?といろいろ考えたのですが、最後に行きついたのが放射能汚染です。
> 燕は泥で巣を作りますがその巣に汚染土が含まれていたら雛に影響がある筈です。
> 人間より燕の方が本能的に放射能の怖さを知っているような気がします。

興味ある考察です。

  泥せせり泥をくくみて夏燕/行方克己(句集『晩緑』)

まさにこの句のような感じですね。
ツバメに限らず、鳥は長い距離を旅します。
人間の創り出した脅威には無防備に違い状態であろうと思われます。
それゆえに、そのような本能が働いても不思議はないような気がします。
わたしも少し考察を深めてみたいと思いました。

  海猫渡る眼鋭く北へ/むく(旧詠)

コメントありがとうございました。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。商社勤務、産業技術英語通訳・翻訳者を経て現在はほぼ引退。愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。引越し回数二十六回。現在の主な発信地は東京へも富士山へも約70kmの神奈川県秦野市。俳句は2000年から。リンクはどうぞご自由に。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR