渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 梅雨深し
FC2ブログ
航跡もイルカの群も夕焼ける

梅雨深し

2020/07/15 Wed


    のつしりと見えぬ富士負ひ梅雨深し /むく

        (のっしりとみえぬふじおい つゆふかし)







 梅雨の富士 (2020.07.12 山中湖村:山梨県)


  鯖火

    鯖火燃ゆ平家滅びし沖あたり /向田貴子

 鯖は秋の季語かと思っていたが夏だという。
 いい加減だ。
 私が、である。
 
 今夜の肴は締め鯖。
 昨日スーパーで見ていたら食べたくなって、真空パックのを買ってきた。

 去年四月に亡くなられた風人子先生がお好きだったと、ある方に伺ったことがある。
 私も締め鯖は好きだが、そのお話を聞いて以来、より親しみを覚えるようになった。
 風人子先生は万事において庶民的であられた。

 掲句の鯖火とは鯖漁の灯のこと。
 つまり、夜の漁である。
 烏賊釣りのように、鯖も夜に漁をするものだとは知らなかった。
 現在ではどうなのだろう。
 漁業には詳しくないが、かつての光景かという気がする。

 ともあれ、美しい句だと思った。

 平家が滅びたのは壇ノ浦。
 掲句の鯖火はその壇ノ浦海域を詠んだものであろう。
 関さばで名高い豊後水道辺りを含めて。

 締め鯖で一句と思ったが、あまりの佳句に出会ってどうでもよくなってしまった。
 少し飲み過ぎたかもしれない。



 青芒 (2020.07.05 山中湖村:山梨県)


 (2020年7月15日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

No title

若い頃はサバは好きではありませんでした。
年とともに〆鯖、味噌煮、塩サバ焼きなどを
好んで食べるようになりました。
サバやイワシなどの棒受け網漁などは夜間、集魚灯で
一網打尽にするようです。
漁法によって漁の時間も異なるのでしょうね。

Re: No title

kazさま

> 若い頃はサバは好きではありませんでした。

青み魚の中でもサバ、イワシは好き嫌いが多い魚かもしれませんね。
私もどちらかというと苦手にしてきました^^

> 年とともに〆鯖、味噌煮、塩サバ焼きなどを
> 好んで食べるようになりました。

悪玉コレステロールを減らしてくれるEPAがたくさん含まれているサバ。
成人病予防、体質改善のためにはどんどん食べたほうが良いと言われていますね。
この一年ほど、生野菜サラダに缶詰のサバ水煮を乗せて食べています^^

> サバやイワシなどの棒受け網漁などは夜間、集魚灯で
> 一網打尽にするようです。
> 漁法によって漁の時間も異なるのでしょうね。

棒受け網漁、youtubeで見てみました。
今でも行われているようですね。
参考になりました。

コメントありがとうございました。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。商社勤務、産業技術英語通訳・翻訳者を経て現在はほぼ引退。愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。引越し回数二十六回。現在の主な発信地は東京へも富士山へも約70kmの神奈川県秦野市。俳句は2000年から。リンクはどうぞご自由に。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR