渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 夏料理
FC2ブログ
航跡もイルカの群も夕焼ける

夏料理

2020/07/11 Sat


    彼女髪短くなりし夏料理 /むく

        (かのじょかみみじかくなりし なつりょうり)







 カラスアゲハ (2019.06.29 山中湖村:山梨県)


  カラスアゲハ

 蝶は春の季語だが揚羽は夏蝶。
 山中湖では、このところカラスアゲハをよく見かけるようになった。
 御殿場でよく見かけたクロアゲハは、私が観察してきた限り、山中湖ではあまり見かけない。
 なぜだろう?と疑問が湧いて、少し調べてみた。

 ともに幼虫が好む植生の一つとしてサンショウが挙げられている。
 自生のサンショウは御殿場より山中湖のほうが多いように思う。
 そのせいだろうか?

 エゴの花やクサギの花には、よくクロアゲハが群れ集まる。
 それらの花は御殿場には多かったが、山中湖には少ない。
 そんなことも、よく見掛ける揚羽の種類が違う理由の一つになっているのだろうか。
 
 カラスアゲハの翅はメタリックな輝きがクロアゲハより鮮やかだ。
 生きているものとは思い難いほど。
 ゆっくり飛ぶので写真には撮りやすい。


 (2020年7月11日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

美しい

むくさん,こんばんは。

カラスアゲハがこんなに美しい光沢を持っているとは知りませんでした。南米のモルフォチョウの輝きと同じですね。まるで金属光沢です。

それにしても,光るひとつぶひとつぶをきっちりととらえた写真も見事ですね。

Re: 美しい

リキさま

> カラスアゲハがこんなに美しい光沢を持っているとは知りませんでした。
> 南米のモルフォチョウの輝きと同じですね。まるで金属光沢です。

名前はカラスでも色は黒ではなく、むしろ青みが強く感じられました。
モルフォチョウは世界一美しいと言われる蝶ですね。

> それにしても,光るひとつぶひとつぶをきっちりととらえた写真も見事ですね。

ありがとうございます。
鱗粉まできれいに写ってくれたのは幸いでした^^

蝶も観察を始めると奥が深そうですね。
以前、野鳥を観ていると蝶の収集家に出会いました。
あとで知りましたが、その方、蝶の個人博物館まで開いている人でした^^

コメントありがとうございました。

No title

むくさん、こんにちは。

今回の句は、髪を短くされすっきりと爽やかに変身された奥様のご様子ですね。

カラスアゲハ、本当に美しいですね。
素晴らしい写真ですね。こんなにも奇麗に撮れるのですね。
カラスアゲハは初めて見ました。

わが家には、キアゲハやアオスジアゲハ、ツマグロヒョウモンも飛んできます。黒アゲハも毎年のように飛んできますが今年はまだです。色とりどりの蝶々に癒されます。

Re: No title

sara2sara22さま

> 今回の句は、髪を短くされすっきりと爽やかに変身された奥様のご様子ですね。

ガンコちゃんは留守居で会食には参加せず。
ご一緒だったのはよその奥様方でした^^

コロナ禍で散髪も美容院もなかなか行かれずにいた方が多かったでしょうね。
ガンコちゃんも私も数日前にカットサロンに。
私は理容院のほうが良いのですが、時間節約のためについでに。
店内はソーシャルディスタンスが行き届いていました。

> カラスアゲハ、本当に美しいですね。
> 素晴らしい写真ですね。こんなにも奇麗に撮れるのですね。
> カラスアゲハは初めて見ました。

パッと見た瞬間に瑠璃色が目に付いたのでカメラを構えました。
蝶は花の添景ぐらいにしか撮らないのですが、カラスアゲハは見応えがありました^^

> わが家には、キアゲハやアオスジアゲハ、ツマグロヒョウモンも飛んできます。

庭のお花にですね。
アオスジアゲハは撮ってみたいですね^^
ツマグロヒョウモンは生物には珍しく、メスのほうが翅色が美しい蝶ですね^^

> 黒アゲハも毎年のように飛んできますが今年はまだです。
> 色とりどりの蝶々に癒されます。

今日は何かの白い小さな花に止まったアサギマダラを撮りました。
フジバカマやヒヨドリバナが好きな蝶です。

家に帰って写真を見たら、白い花が咲いていた蔓の葉がガガイモのようでした。
シロバナガガイモかどうか、また確認しに行かなくては(笑。

コメントありがとうございました。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。商社勤務、産業技術英語通訳・翻訳者を経て現在はほぼ引退。愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。引越し回数二十六回。現在の主な発信地は東京へも富士山へも約70kmの神奈川県秦野市。俳句は2000年から。リンクはどうぞご自由に。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR