渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ ほととぎす
FC2ブログ
航跡もイルカの群も夕焼ける

ほととぎす

2020/06/30 Tue


    ほととぎすどの唐松のてつぺんか /むく

        (ほととぎす どのからまつのてっぺんか)





 夏至の富士 (2020.6.27 山中湖村:山梨県)


  六月尽

 早いもので今日で一年の半分が終わり。
 あっという間だった。

 半年間何をしてきたんだろう。
 新型コロナウィルス騒ぎに振り回された、とは言うまい。
 光陰矢のごとしとは老いゆく日々のことか。

 ともあれ月末。
 転居の準備もいろいろ。


  他人の空似

 旅先では思いがけない食べ物に出遇ったりする。
 その土地ならではの食べ物との出会いは旅の楽しみの一つでもある。
 福岡の八幡で出遇った鰯のピリ辛煮もその一つ。

 年も押し詰まった頃の出張。
 もう四半世紀ほど前の話。

 宿の近くで夕食を兼ねた手ごろな止まり木を探した。
 かつては官営であった八幡製鐵所の正門近くで、まるで門前町のように賑やかだったという町。
 すでに往時の面影は偲ぶべくもなく、寂しさを隠せない町に変わっていた。

 宿の近くのとある暖簾を潜った。
 師走の夜の寒風に吹かれながらでは、店を選ぶ余裕はあまりなかった。

 どの硝子戸も出入口を兼ねているようなその店の構えには少し戸惑った。
 客の誰かが出入りする度に寒風が吹き込んでくるのでは、と思った。

 一見らしく、私は努めてしおらしい顔を装って暖簾を潜った。
 そこに、天地が逆さまになるような驚愕が待ち受けていようとは想像もしないことだった。

 「いらっしゃいませ。」
 女将らしい…と思って声のするカウンターの中に目を遣った。
 するとそこに、ニコニコしながら家内が立っていたのだ。

 うろたえた。
 完全に我を失った。
 なぜカミサンがここに居るんだ?
 素行調査に来たのか?
 なぜ今夜、この店に、私が来ることを知っていたんだ?

 それが他人の空似…だと思うまでに、しばらく時間がかかった。
 落ち着け、と何度も自分に言い聞かせながら熱燗を煽った。
 カウンターの目の前に並んだ料理皿から、目に付いた鰯のピリ辛煮を注文した。
 世の中にこんなにそっくりな人がいるのか…。

 私のただならぬ気配を察して、女将も何ごとかと訝っているに違いない。
 事情を説明するべきかも知れない。
 しかし、一見でいきなり「女将さん、家内とそっくりです」なんて言えるか?
 そんなことを言ったら、下心ありと即座に軽蔑されるに決まっている。

 酒は静かに興奮せずに飲むべきである。
 動悸が収まらぬままに飲む酒は酔いが回る。

 鰯のピリ辛煮が私の早過ぎる酔いの回りを救ってくれた。
 鰯の上に鷹の爪の輪切りが見えた。
 梅や生姜も入っていたかもしれないが、覚えていない。
 実山椒の粒が目に付いた。

 「山椒の実ですね。
 手作りですか?」

 「えぇ、毎年採って作っています。
 今年のはこれで最後…。」
 ずっと無口だった私がやっと呟いた言葉に、微笑みながら答えてくれた。

 「今年はこれで最後…」と言った時の女将の哀愁を帯びた顔を今でも思い出す。



 証拠写真のホトトギス (2020.6.27 山中湖村:山梨県)


 (2020年6月30日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

俳画に憧れておりますが・・・。

絵が全然ダメでやる前から諦めております(笑)。

俳句と写真、良いですね~、俳句も写真も上手ですネ。

体験された事を素直に詠む、なかなかできない・・・。

他人の空似、ありますよね。

私も大昔東京でありました。

ではでは。

Re: 俳画に憧れておりますが・・・。

オグリンさま

> 絵が全然ダメでやる前から諦めております(笑)。

私も全く同様です。
やればやっただけのことはあるのかも知れないとも思いますが、つい億劫で(汗。
無心にやればいいんでしょうが。

> 俳句と写真、良いですね~、俳句も写真も上手ですネ。

ありがとうございます。
俳句ブログは取っつきにくいと思う人も多いかと、カット代わりに写真を載せています。
勉強不熱心でカメラの腕前は一向に上がりませんが、季節らしいものを中心に。

> 体験された事を素直に詠む、なかなかできない・・・。

我ながら練りの足りない句、と思うことが多いですが、それが自分でもあるかと、半ば開き直っています(笑。

> 他人の空似、ありますよね。
> 私も大昔東京でありました。

どこかでどなたかが私にそっくりな人に会ったりしているかもしれませんね。
その人にはご愁傷様と(爆。

コメントありがとうとざいました。

No title

慌てふためきましたね。何かやましいことでも、
それとも愛する奥様が目の前に現れてホッとしたのでしょうか。
ホトトギスも訝しげに鳴いているようですね。
それにしても高木に止まって美声を奏でるホトトギス。
よくぞ見つけますね。
目が悪いこともあるのですが、木に留まる鳥などは
見つけたことがありませんし、撮ったこともありません。

こんにちは!

「他人の空似」
珍しいお話ですね。いつも顔を合わせていらっしゃる奥様と見間違えるということは、完璧なまでに似ていたからか、それとも、奥様に遭えない淋しさから他人が奥様に見えたからでしょうか。
その後、その店をお訪ねにはなりませんでしたか。

Re: No title

matsuyamaさま

> 慌てふためきましたね。何かやましいことでも、
> それとも愛する奥様が目の前に現れてホッとしたのでしょうか。
> ホトトギスも訝しげに鳴いているようですね。

アハハ、品行の遺憾にかかわらず驚きます。
夢か幻を見ているのかと^^

> それにしても高木に止まって美声を奏でるホトトギス。
> よくぞ見つけますね。

ホトトギスもカッコウもそうですが、一番高い木の天辺あたりは止まることが多いです。
そして他の木より高い分見つけやすく、遠い分だけ鳥からは見つかりにくいのでカメラを構える余裕があります。
すぐ近くの木や電柱に止まっているのを見かけることもありますが、カメラを構えるまでに飛び立ってしまいます。
近いのですぐに気付かれてしまうからのようです。

> 目が悪いこともあるのですが、木に留まる鳥などは
> 見つけたことがありませんし、撮ったこともありません。

珍しい鳥をすぐ目の前でスマホで撮ったという人も。
運がよければそういうこともありますよ^^

コメントありがとうございました。

Re: こんにちは!

素姓乱雑さま

> 「他人の空似」
> 珍しいお話ですね。いつも顔を合わせていらっしゃる奥様と見間違えるということは、完璧なまでに似ていたからか、それとも、奥様に遭えない淋しさから他人が奥様に見えたからでしょうか。

前者でしたね。
前日ぐらいに家を出たばかりでしたから^^

> その後、その店をお訪ねにはなりませんでしたか。

一週間ほど滞在したので、もう一度だけ行きました。
カワハギの刺身と肝をポン酢で頂いてきました。
フグではありませんでしたが、美味でした。

息子さんらしい人もいたので、空似のことは言わず(笑。

コメントありがとうございました。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。約10年間の海外生活を除き首都圏の各地を転々。商社勤務の後、産業技術英語通訳・翻訳者。現在はほぼ引退し、愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。主な発信地は山梨県山中湖村。俳句は2000年から。いつもあと5kg痩せたい♪リンクはどうぞご自由に。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR