渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 母の日
FC2ブログ
航跡もイルカの群も夕焼ける

母の日

2020/05/29 Fri


    入院中禁止のたばこ母の日に /むく

        (にゅういんちゅうきんしのたばこ ははのひに)





 ポピー (2020.05.29 山中湖村:山梨県)


 カーネーションではないポピー。
 賞味期限切れの句ではあるがまだ五月。
 練りが足りないと、没にしようと思ったのだが。

 父も母もたばこが好きだった。
 だから私は今も♪


  月末

 いろいろな〆切の重なる月末。
 しかも気が付けば土日。
 郵便局は大丈夫だが銀行は…。
 税金は納付期限前だから週明けでもいいか。
 ガンコちゃんが居ないと雑用が増える…なんて目の前で言ったら叱られるよなぁ。

 という次第で今日明日は集中タイム。



驟雨の前  (2020.05.29 山中湖村:山梨県)


 例年ならポピーが咲き乱れている筈の山中湖花の都公園も休園中。
 人が集まって来ないように、咲いた花は摘み取られたのだろうか。
 夏草だけが生い茂っている。
 花畑も園路も。

 山中湖ワイン用の葡萄の手入れをなさっていた二人の老婦人としばらくお話。
 この辺がまだ田んぼだった頃の話。
 はだか馬に乗った話。
 家々が私の生家の南部曲り屋のような茅葺であった頃の話。
 家の中に馬屋があった話、などなど。

 お一人は寓居のすぐ近くにお住まいで、散歩道も同じらしい。
 「また会ったらよろしくねー」と言われても、顔じゅうマスク同士の出会いでは、
 次にお会いしても誰だか分からないだろうなぁ。
 麦わら帽子を被って作業服を着たまま散歩される訳ではないだろうし。
 私の帽子、カメラ、リュック姿は変わらないだろうが。



冠羽が立っているから、たぶんヒバリ♂  (2020.05.29 山中湖村:山梨県)


 開園に備えて花畑を耕しているトラクターの後を,追うようにして歩いていたヒバリ。
 トラクターが好きだから、であるはずはない。
 耕したあとの土はミミズを見つけやすいからだろう。
 ヒバリの羽は雄も雌も地味な土色。
 保護色なのだろうか。

     揚ひばり発車待つ間の始発駅

     行楽の野に揚ひばり落ひばり

     輝きつ羽ばたく十字揚ひばり /むく(旧詠)


 (2020年5月30日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

こんばんは!

愛妻様は、いつ頃お帰りですか?

ひばりってこんなに綺麗なのですか?
声は、聞きますが保護色で完全に見たことが
有りませんでした。

 行楽の野に揚ひばり落ひばり・・この句が一番好きです👏👏👏

Re: こんばんは!

みなとさま

> 愛妻様は、いつ頃お帰りですか?

早く帰ってきて欲しいところですが、まだまだのようです^^
「引っ越し準備が整うまで」なんて言っていますが、その準備がなかなか進まなくて(汗。
こういう時ですから仕方ないとは思うものの、自炊生活にも飽きました(( ゚Д゚)
いえ、カロリー管理というのがなかなか大変でして、一人では甘くなり勝ち(汗。
てっきり私のおかあさんだと思っていた?ガンコちゃん、ふたたび子供のおかあさんに戻って張り切ってます(爆。

> ひばりってこんなに綺麗なのですか?

綺麗かどうか、私はそう思っていまして大好きなんですが、そう仰られない方も。
鳥ってけっこう好き嫌いがあるものなのかな、などと思ったりもします。
「鳥はかわいいけど足がキライ」なんて言う方もおられます。
私はアバタもエクボですが(笑。
ヤマガラを手に乗せたときの感触など、たまりません♪

> 声は、聞きますが保護色で完全に見たことが
> 有りませんでした。

いま句は思い出せませんが(たいした句ではない証拠)、千葉の八街に母の介護に行った時に聴いたヒバリ。
私がヒバリを思う時、すべてはあの時に帰るような気がします。
種を撒く前の落花生畑の揚ひばりでした。
思い出せるのはこんな句。
  春暖房母の介護の話など/む(旧詠)

>  行楽の野に揚ひばり落ひばり・・この句が一番好きです👏👏👏

えー、意外でした。
ありがとうございます。
1句は風人子先生に採っていただいた句。
3句は規子先生に採っていただいた句。
ですが、この句は我ながらダメだなぁと、お蔵入りさせた句です(爆。
みなとさんの一言で、輝いてきました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

コメントありがとうございました。

こんにちは^^

つい数日前までは、田んぼばかりの散歩道を、出会う人も数人ですが帽子にマスクをして歩いてました。それもノーメイクときています^^;
散歩の時、マスクを外すようになったら、日焼け止めやメイクしなくてはいけないので、マスク生活も良し悪しって感じです(笑)

ヒバリは畑で砂浴びしていても、近くまで行かないと気が付かないです^^ 同化してますね~♪

Re: こんにちは^^

はなみずきさま

> つい数日前までは、田んぼばかりの散歩道を、出会う人も数人ですが帽子にマスクをして歩いてました。それもノーメイクときています^^;

ちょっと不気味ですよね。
いつもそんな感じで歩いています。
じわ~っとくるような素顔美人にお会いした記憶もなく(x.x )☆ベシッ!\


> 散歩の時、マスクを外すようになったら、日焼け止めやメイクしなくてはいけないので、マスク生活も良し悪しって感じです(笑)

これから暑くなるので、ホント、どうしようかと思いますよね。
先日御殿場の駅で会ってそのまま分かれた家内がくれた布マスクをしています。
使い捨てマスクより快適ですが、紐がちょっと短い。
顔が大きいのかなぁ。

> ヒバリは畑で砂浴びしていても、近くまで行かないと気が付かないです^^ 同化してますね~♪

ヒバリは用心深いように見えますよね。
巣の在り処を天敵に覚られように行動するんだとか、聞いたことがあります。
色は冴えないかもしれませんが、いろいろなことを思わせてくれる鳥なので、大好きです^^

コメントありがとうございました。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。商社勤務、産業技術英語通訳・翻訳者を経て現在はほぼ引退。愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。引越し回数二十六回。現在の主な発信地は東京へも富士山へも約70kmの神奈川県秦野市。俳句は2000年から。リンクはどうぞご自由に。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR