渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 枇杷(びわ) / 立葵(たちあおい) / 蛍
FC2ブログ
雪渓の細き一条富士の紺

枇杷(びわ) / 立葵(たちあおい) / 蛍

2019/06/15 Sat

    山手線あんなところに枇杷たわわ

        (やまのてせん あんなところにびわたわわ)



    立葵きみのやうだと言ひしこと /むく

        (たちあおい きみのようだといいしこと)




 夏潮 (2019.6.11 観音崎:神奈川県横須賀市)



 アジサイ (2019.6.11 観音崎公園:神奈川県横須賀市)



 ガクアジサイ (2019.6.11 観音崎公園:神奈川県横須賀市)



 戦没船員慰霊碑 (2019.6.11 観音崎公園:神奈川県横須賀市)


 昨日からまた山中湖に。
 気温25℃の御殿場から篭坂峠を越えて山中湖に着くと、外気は19℃。
 午後2時前だったが、涼し過ぎるほど。
 横須賀と8℃ぐらいは違うのではないかと思う。

 村のある家の庭にサンショウバラが咲いていた。
 自生のサンショウバラに見ごろの頃に遇いたいと毎年思いながら、なかなかタイミングが合わない。
 富士山麓で自生している場所は一ヶ所しか知らない。
 いずれ…。

 きょうは山梨県の南部方面にほたる狩りに行く予定だったが、雨のため明日に順延。
 源氏蛍で、「狂いそうなほどの乱舞」だと云う。
 行きずりでの激写はむずかしそうだが、見られれば良い。

 タチアオイのようだと言ったときの君の反応、ちょっと時間がかかったね。



じゃんけんで負けて蛍に生まれたの /池田澄子


 どんな星の下に生まれるかは、蛍も人も自分では選べない。自分を蛍のようだと卑下しないまでも、胸に手を当てて考えてみると、じゃんけんで負けてこの世に生まれたという思いは、確かに私にもある。あの時、あっちの甘い水のほうに誘われて行けばよかったという悔いも一つや二つではない。蛍の句と言えばまっ先にこの句が思い浮かぶ。四十代になってから俳句を始められたという池田澄子さんは、この一句によって一躍知られるようになった。蛍も捨てたものではない。(むく)

 (2019年6月15日 横須賀にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

不具合発生中

FC2より「セキュリティ低下中」のメッセージがあり、メッセージの指示に従いコードを入力したところ、管理画面内の「確認」「新しい記事」その他全てのリンクが切れ、記事を更新出来ない不具合が発生。解決可能かどうか…。

No title

こんばんは!
まあ・・大変ですね・・
でも、むくさんはPCに明るいから大丈夫!ですね。
みなとは、無知なので何度もブログを変更しました。
今のウエブリ―も7月メンテナンスがあり
その後 ブログが大幅に変更の予定だそうです。

Re: No title

みなとさま

コメントのご返事が遅くなって失礼しました。
やっと復旧しました。
どうなることかとヒヤヒヤの日々でした😃💦
ショックのせいか夏風邪をひいたり😷
追々記事を更新して参ります。
コメントありがとうございました。

不具合

ブログの不具合、一時的に良くなりましたが、また同じ現象が再発。
回復にもう少し時間がかかりそうです。
ご了承のほど。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR