渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ リラの花
FC2ブログ
航跡もイルカの群も夕焼ける

リラの花

2019/05/17 Fri

    吾子去りし山湖に二人リラの花

        (あこもさりしさんこにふたり りらのはな)



    愛しめり花ととのひし白きリラ /むく

        (いとしめり はなととのいししろきりら)




 ライラックの花 (2019.5.15 山中湖村:山梨県南都留郡)


 私の来し方の中では身近に接したことのなかった花、ライラック。
 山中湖の湖畔には、道の一部がライラックの並木になっているところがある。
 近年植えられたもののようだが。

 リラ(lilas)はフランス語名で、ライラック(lilac)は英語名。
 『リラの花咲く頃』という古い歌謡曲も知ってはいたが、私が最初に親しみを覚えたのは英名のライラック。
 オードリーヘップバーン主演のミュージカル映画『マイフェアレディ』の劇中歌“On The Street Where You Live”(君住む街角)を覚え込んだ時であった。
 将来は英語で身を立てようと考え始めた高校生時分のことである。

 … Are there lilac trees
 In the heart of town?
 Can you hear a lark
 In any other part of town?
 Does enchantment pour
 Out of every door?
 No, it’s just On the street
 Where you live.

 


 白いライラックの花 (2019.5.15 山中湖村:山梨県南都留郡)


日 記 2019年5月17日(金)

 富士吉田の富士散策公園、農村公園を少し歩いたあと、ガンコちゃんと一緒に野鳥を観ながら、標高1,100メートルの「中の茶屋」から標高1,300メートルの「大石茶屋跡」まで歩いた。
 途中二組の外国人に出会った。
 一組は動画を撮りながら一人で歩いていたフランスの青年で、英語は苦手のようだった。
 もう一組は女性一人を交えた五人組のアメリカの青年たちで、午前11時を回った頃だった。
 元気な足取りで私たちを追い越して行く。

 “You guys are strong. To where?”
 "To Gogo-me."
 "From now?"
 "Are you suspicious that we can't make it?"
 "No, I'm not. I believe that you will follow your setup time. Good luck!"

 ※ 英語のyouは一人の相手を指しているのか複数の相手を指しているのか不明の場合がある。
 上のケースがまさにそれに当たる。
 "you guys"はそれを明確にするためのネイティヴがよく使う表現。
 "You guys are strong."は「みなさん元気ですねー」ぐらいの意味。
 汗を流して頑張っている人たちに激励の気持を込めて声掛けする時にはピッタリ。
 一般にカジュアルな表現と思われているが、必ずしもそうとは言えない。
 むしろ複数の相手に声を掛けているのだなと理解してもらえる。
 そんな言い方が出来る日本人に出会うことは少ないので、かえって好感度がアップすると期待していい。
 自信を持って使ってみることをお奨めする。

 "You guys are tough."では「みなさん手ごわいですね」の意味が強まるので、ダメ。
 "You are tough."なんて言うと、「あなたは手に負えない(食えない)人だ」という意味になるので、もっとダメ。
 日本人同士の会話では「タフ」を「元気」という意味で使うが、英語でもそれが正しいと思って"tough"を誤用している人をよく目にするので、注意として記した。

 万歩計は1週間で5万歩強。
 まずまず。
 Yet climbing up Mount fuji is so tough.
 (それでも富士山を登るのはとても大変だ。)


 (2019年5月17日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。商社勤務、産業技術英語通訳・翻訳者を経て現在はほぼ引退。愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。引越し回数二十六回。現在の主な発信地は東京へも富士山へも約70kmの神奈川県秦野市。俳句は2000年から。リンクはどうぞご自由に。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR