渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 堅香子(かたかご)
FC2ブログ
雪渓の細き一条富士の紺

堅香子(かたかご)

2019/03/29 Fri

    花かたかごその径いまだ普請中 /むく

        (はなかたかご そのみちいまだふしんちゅう)



 カタクリの花 (2019.3.18 城山かたくりの里:神奈川県相模原市)


 かたかご(堅香子)とはカタクリ(片栗)のことである。
 そのカタクリの花を見ようと、宮ケ瀬湖から津久井(相模原市)の「城山かたくりの里」へ足を伸ばした。
 もう咲いている頃と勝手に思い込いこんでいて確かめもせずに向かったのだが、園の人によればやっと咲き始めたところだということで、人も多くなかった。

 カタクリの花は少なかったが、サンシュユ(山茱萸)、ダンコウバイ(檀香梅)、ヒュウガミズキ(日向水木)、ミツマタ(三椏)、河津桜、梅、ボケ(木瓜)、コブシ(辛夷)など、ほかの春の花々に十分に癒された。
 
 よく手入れが行き届いた園であることにも感心させられた。
 「城山かたくりの里」は個人が所有する山林で、カタクリの花が咲く春だけ一般に開放されているという。
 今ごろはすでに満開を迎え、大勢の人で賑わっているに違いない。



 カタクリの花 (2019.3.18 城山かたくりの里:神奈川県相模原市)


 子供の頃を過ごした家の周りにはカタクリの花がよく咲いていた。
 当時はスミレなどと同じぐらい身近な野の花だった。

 あれから幾星霜、カタクリの花を久しく見ていなかった。
 あのみちのくの郷ですら、今ではそうたやすく見ることが出来なくなっているのだろうか。

  もののふの八十をとめらが汲みまがふ寺井のうへのかたかごの花/大伴家持(万葉集)



 サンシュユの花 (2019.3.18 城山かたくりの里:神奈川県相模原市)



 アカバナミツマタ (2019.3.18 城山かたくりの里:神奈川県相模原市)



 ヒュウガミズキの花 (2019.3.18 城山かたくりの里:神奈川県相模原市)



 ボケの花 (2019.3.18 城山かたくりの里:神奈川県相模原市)


 「どちらからお越しですか?」
 かたくりの里を出る際に、園の方にそう訊ねられた。

 「横須賀からですが、これから道志みち(国道413号線)を通って山中湖へ行きます。」
 「道志みちは去年の台風で崩落した箇所の補修工事がまだ終わっていないかもしれません。
 一旦復旧して、それからまた崩落がありました。」
 と、ていねいに迂回路まで教えてくださった。

 園を出発する前に駐車場でタブレットを開いて調べてみると、たしかに道志みちは一部がいまも(3月末まで)通行止めとなっていた。
 不案内な迂回路を辿るよりはと、高尾山インター(八王子市)に向かい、そこから中央道に乗った。
 大月、富士吉田を回って山中湖へ。
 思わぬハプニングだったが、教えていただいて助かった。

 それにしても、道志みちは来年のオリンピックの自転車競技(ロード)のコースになっているはずだが…。
 競技を開催出来なくなっては一大事と、大掛かりな補修工事を行うことになったのだろうか。

 オリンピックの自転車競技は、男女とも武蔵野の森公園(東京)からスタートして、道志みちを通って山中湖へ出、富士山周辺を走ったあと、富士スピードウェイ(静岡県小山町)でゴールする。
 男子と女子とでは走行距離が違うが、スタート地点、ゴール地点は同じである。
 高低差が激しく、想像するだに厳しいレースのようだ。
 オリンピック競技の全種目の先頭を切って大会初日から行われる。
 テレビの前の前の世界中の人々に、まず日本の富士山をお目にかけようという趣向のようだ。


 (2019年3月29日 山中湖にて)



 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

萬葉学校

先日は大変お世話様でした。
俳句をしっから学ぼうと思いました。
かたくりの花が好きです。やっほうさんに教えていただいたら、故郷館林から葛生線に乗って佐野のかたくりのの里に出かけたり、久々にかたくりの花が見たくなりました。

萬葉学校

先日は大変お世話様でした。
俳句をしっから学ぼうと思いました。
かたくりの花が好きです。やっほうさんに教えていただいたら、故郷館林から葛生線に乗って佐野のかたくりのの里に出かけたり、久々にかたくりの花が見たくなりました。

Re: 萬葉学校

Bunnさま

> 先日は大変お世話様でした。
こちらこそ、素晴らしい時間を過ごさせていただき、本当にありがとうございました。

> 俳句をしっかり学ぼうと思いました。
わたしも、曲がりなりにも20年続けてくることができた幸せをかみしめ、また今回の旅をこれからどう実らせてゆくか、思うところ大でした。

> かたくりの花が好きです。やっほうさんに教えていただいたら、故郷館林から葛生線に乗って佐野のかたくりのの里に出かけたり、久々にかたくりの花が見たくなりました。
館林のご縁でしたか。
テレビで伊勢神宮へ詣でられた両陛下のニュースを観ながら、画面にBunnさんの姿を探したりいたしました^^

これをご縁に、これからもご厚誼のほどどうぞよろしくお願いいたします。
すばらしい知己が増えましたことを何よりうれしく思っています。

コメントありがとうございました。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR