渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 冬鹿
FC2ブログ
雪渓の細き一条富士の紺

冬鹿

2019/01/27 Sun


 母子鹿 (2019.1.25 山中湖:山梨県)


 鹿

 山中湖の別荘やリゾートマンションは概して傾斜地に建っており、冬は道路の凍結や積雪のためにアクセスが困難になる棟も少なくない。

 鹿は、餌の少なくなる冬でも、山林を出て人家にまでやって来ることは少ないが、人の気配がない別荘の庭などにはよく出没する。
 寓居があるリゾートマンションの周囲にも、冬に限らず鹿がよく現れる。
 駐車場や庭との境界に近い山林で見かけることが多い。
 人間には慣れていない野生の鹿なので、人が近づくと林の奥に逃げ込む。
 人間は怖いが、山林の中に餌が乏しくなる冬は空腹に耐えかね、柔らかい草や葉を求めて、危険を冒しても人間がいる近くまでやって来るのだろう。

 湖畔に下りて水を飲む鹿もいるという。
 特に薄明や箱暮、それと夜間、湖畔の道を横切る鹿に衝突しないよう、車の運転に注意したい。

 本来、鹿は日の出前と日没直後に活発に行動する薄明薄暮性の動物である。
 夜間に車との衝突事故が多いのは、鹿が人間の行動に合わせて行動時間を変えるためだという。


 (2019年1月27日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。



ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR